金属3Dプリンター

写真51 複雑な形状でも3Dデーターからダイレクトに金属部品を3Dプリンターで製作(造形)できます。また、3次元水管を配備したダイカスト金型、樹脂金型、ダイクエンチ等の製作(造形)、またヒートシンクやインペラ等の複雑形状。トポロジー設計等、軽量化設計の造形試作などもできます。
金属の種類は4種類からお選び下さい。

樹脂3Dプリンター

樹脂3Dプリンター2 ナイロン12とガラス入りナイロン材料を用いて試作品や最終製品を3Dデーターからダイレクトに造形できます。サポート材が着かないので、他社で出来なかった形状が再現できることがナイロン粉末積層造形の強みです。圧倒的な品質を誇るEOS FOMIGA P110での造形になります。
造形後の塗装も出来ますので是非お気軽にお問い合わせ下さい。

リバースエンジニアリング受託サービス

img01 工業製品向けのハイエンド非接触光学式3次元デジタイザ(ATOS TripleScan.)を用いてスキャニングからリバースエンジニアリングまでのサービスをさせて頂いております。製品が大きすぎて検査できない・・製品が複雑すぎて検査できないなどの場合はスキャニングにて検査させて頂きます。また、「データのない金型や部品を現物から復元したい!!」など現物からの3Dモデル化のサービスもしております。穴位置も形状も高精度かつ高速にキャプチャできますので小物部品から大物部品までしっかりスキャニングできます。

お知らせ

More

3Dプリンター受託造形サービスとは

燃料噴射ノズル弊社では金属3Dプリンター樹脂3Dプリンターを用いた3Dプリンター受託造形サービスを提供しております。 3Dプリンター受託造形サービスとは、お客様から図面(3Dモデル)を頂きそのデーターから金属、または樹脂にて3Dプリントするサービスになっております。
お客様から大事な図面(3Dモデル)をお預かりしますので機密保持契約を結ばせて頂きしっかりとした管理をさせて頂いております。
3Dプリント後は頂いた図面と3Dプリントされたものがどのように出来ているかのをハイエンド非接触光学式3次元デジタイザ(ATOS TripleScan.)を用いてスキャニングさせて頂き、カラーマップも提出させて頂いております。(別料金) まずは図面を拝見させて頂き、造形の可否。または弊社からの提案等もさせて頂きたいと思います。
3Dプリンターは製品開発段階で、試作品を金型レスで最終製品レベルで作る事でコスト削減、納期短縮につながります。是非、御社の武器として3Dプリンターをご活用ください。 3Dデーターの形式は「STL」「IGES」「STEP」などでお願いしております。2次元データーはお断りする事もございますので3Dモデルをご用意ください。

よくある質問

よくある質問メディア紹介

J・3Dのメリット

既存工法には無い様々な付加価値を提供致します
設計の自由度
軽量化
新材料
3次元水管
機能形状/部品
コストアドバンテージ
少量生産
機能部品の一体化
オーダーメイド生産
個人、企業に合わせた製品の生産
カスタムメイド
Time To Market
開発から製品リリースまでのリードタイムの短縮

スクリーンショット 2015-05-21 13.26.56

初めての金属3Dプリンター

wakaba03初めての金属3Dプリンター。何が出来て何が出来ないのか・・・
金属造形には金属造形ルールというものが存在致します。何でもできる魔法の箱ではありません。金属3Dプリンターを理解してこそアイディアが形になって行く物なんです。
まずは金属3Dプリンターのポイントをご理解して頂く為に金属造形ルールについてまとめてみましたので是非ご一読下さい。
金属造形ルール

毎月セミナー等も実施しておりますのでお気軽にお問いあわせ下さい。

金属3Dプリンターとは

eosint_m_280_1金属3Dプリンターとは金属粉末積層造形法を用いて20μmほどの敷き詰められた金属粉末にレーザーを照射する事により金属を溶かして固体化させていきます。その工程を何回も積み重ねる事により立体的な金属品製品が出来上がってきます。ドイツでは25年前からこの仕組みの研究に取り組み、今では世界No1の技術を構築しています。

3Dプリンターの造形動画はこちらからご覧下さい。

S__8101932

S__8101933

S__8101934

S__8101935

株式会社J・3Dのパンフレットは下記からダウンロードできます

パンフレット

ロゴ2

あらゆる試作品を金属3Dプリンターで

株式会社J・3Dでは、金属、樹脂の3Dプリンターによる受託造形出力サービスをご提供しております。
あらゆる産業分野の試作品製品に関するお客様のニーズに対し、3Dプリント造形のメリット、デメリットを率直にお伝えして、効果が期待できる案件について3Dプリンターでご提案するという営業スタイルです。
また、スタッフのは、従来のものづくりの技術に精通しているので、3Dプリンターの利点を生かした造形以外にもさまざまな技術による製造をご提案しています。

Return Top