2015/6

次世代積層造形技術総合開発機構から金属3Dプリンター完成

次世代積層造形技術総合開発機構から金属3Dプリンター完成

2209
国家プロジェクトとして開発を進めてきた金属3Dプリンターの試作機が完成したようです。松浦機械製作所からも新たな大型金属3Dプリンターを開発した。最大サイズが600×600×400というサイズでお客様のニーズに合うサイズまでの拡大を実現してくれそうです。レーザー出力も1kwレーザー搭載という事で、スピードも期待できる。残…
サポート材付着例1

サポート材付着例1

金属でも樹脂でも3Dプリンターで製作するものにはサポート材が付着します。付着についてはこちら→http://j3d.jp/post-4414/色々なケースがあるので、少しずつですがサポート材の付き方を公開して行きたいと思います。サポート材はオーバーハングしている部分や、角度が45°を割る部分には付着します。場合によって…
大阪船井総研、金属3Dプリンターセミナーご参加ありがとうございました

大阪船井総研、金属3Dプリンターセミナーご参加ありがとうございました

1177
6月26日、大阪船井総研での金属3Dプリンターセミナーご参加ありがとうございました。たくさんの方々と名刺交換させて頂き有意義なセミナーだったと思います。しかも北は北海道から南は熊本までの方々がご来場頂きまして本当に感謝しております。毎月色々な場所でセミナーをさせて頂いておりますが、まだ金属3Dプリンターの技術は知られて…
エキゾーストマニホールドを金属3Dプリンターで製作

エキゾーストマニホールドを金属3Dプリンターで製作

2065
以前から弊社でも考えております金属3Dプリンターによるエキゾーストマニホールド(エキマニ)の製作ですが・・・調べていたら既に海外では製作されておりました。やはり考えていることは一緒か・・・とガッカリする気持ちと、やはり考えていることは正しかったなと安心する気持ちで入り交じります。実は今年のはじめにエキマニに似た造形物を…
金属造形品を切り落とすワイヤー放電精密コンタマシン

金属造形品を切り落とすワイヤー放電精密コンタマシン

金属3Dプリンターで形状を作り上げるには土台(ベースプレート)が必要になります。薄く撒いた金属粉末材料にレーザーを当て溶かしてその土台にくっつけていきます。土台にくっつく事により形状を保ち、歪みも抑える仕組みと言えます。金属3Dプリンターでは左の写真のように土台にくっついた状態で出来上がってくるということです。・・・と…
日本金型工業会中部支部イーグル会の皆様ありがとうございました

日本金型工業会中部支部イーグル会の皆様ありがとうございました

1489
先日、日本金型工業会中部支部イーグル会で金属3Dプリンターの講演をさせて頂きありがとうございました。当然のように金型関係者ばかりの集まりになりましたので、金属3Dプリンターの今の現状と金型にどのように使われているかのご説明をさせて頂きました。そしてイーグル会の皆様のご意見も聞かせて頂き大変参考になり、勉強になりました。…
実はアルミ金属造形は2種類ある

実はアルミ金属造形は2種類ある

2021
金属3Dプリンターを使用してアルミを造形するには実は2種類の方法??があります。実際には方法というより、造形温度になります。造形温度が異なることによって当然マテリアルデーターも変わってきます。もちろん原材料(金属粉末材料)は同じものを使いますのでアルミの金属成分にはなんの変わりもありません。しかし、造形温度が変わること…
馬のひずめに金属3Dプリンター

馬のひずめに金属3Dプリンター

1848
メディカルの世界でも金属3Dプリンターを使い個人に合わせた医療機器を作るようになってきましたが馬の世界にも当てはまるようです。馬のひずめにあう蹄鉄は当然馬の大きさにより異なります。今ではスキャニング技術の発達により測定をすることなく馬のひずめの形を図面化することができますので、その形状に合わせて蹄鉄を作ればいとも簡単に…
金属3Dプリンター造形に於けるアスペクト比(造形ルール)

金属3Dプリンター造形に於けるアスペクト比(造形ルール)

アスペクト比という言葉は一般生活の中ではあまり使う言葉ではありませんが、例えばテレビの縦横の比率はアスペクト比と言います。簡単に言えば縦横の比率のことをアスペクト比と言うのですが、金属3Dプリンター造形に於いてもこのアスペクト比というものが存在します。金属3Dプリンターに於いてのアスペクト比は1:8。底面の長さが8倍ま…
金属3Dプリンター出力サービスは名古屋から

金属3Dプリンター出力サービスは名古屋から

1449
金属3Dプリンターの出力サービスはどこにでもある訳ではありません。まだまだ設備も金属粉末材料も高いですし、完全に完成された工法とは世の中が認識していないので爆発的に金属3Dプリンターを使ってモノづくりが始まる訳ではないので。たくさんあっても仕方ないですしね。名古屋・・いえ、愛知には自動車産業、航空機、工作機械の企業様が…
Return Top