2015/7

ドローン軽量化に3Dプリンターの提案

ドローン軽量化に3Dプリンターの提案

1507
最近巷で流行っているドローン。社会的現象になりつつありますが、泣き所がバッテリーと言われています。連続飛行時間が短い為に更なる軽量化に取り組まなければいけないということです。またドローンもオーダーメイド化する可能性もあり、形状、色など消費者に合わせ込んだものも考えられます。オーダーメイドはまだ先だとして、軽量化は必須に…
金型は固定資産と保管費用がトータルコストに経常

金型は固定資産と保管費用がトータルコストに経常

1679
某大企業様の横を毎日のように通り過ぎます。そのとき目につくのが膨大な金型の量です。もうすっかり錆び付いているものもありますが、保管には大きな場所とコストがかかるんだな・・と改めて実感致します。私たちは金型屋ではないのでわかりませんが、固定資産台帳には金型がずらりとならんでいくんでしょうね。。。耐用年数が過ぎても保管義務…
金属3Dプリンターの関東エリアをカバーする

金属3Dプリンターの関東エリアをカバーする

1324
日本にはまだまだ少ない金属3Dプリンターの受託造形サービスですが、弊社では関東エリアも営業所にてカバーしております。図面を拝見させて頂くまえに、金属3Dプリンターとはどういうものなのか?どういう事が出来るのかを知って頂いてから図面を拝見させて頂いております。その上でどのような姿勢で造形をするのか・・価格はいくらになるの…
株式会社J・3D 医療、航空機コンソーシアム構築を展開

株式会社J・3D 医療、航空機コンソーシアム構築を展開

1176
金属3Dプリンターの需要がこれから高まってくるのが医療と航空機。それぞれ分野が違い、また壁も高いので弊社ではそれぞれのコンソーシアムの構築の展開に力を入れています。航空機の場合、造形だけでは到底受け入れてもらえないので設計から品質保証のところまで一貫したパッケージとして提供できるよう、他社の協力とお知恵を借りながら一緒…
様々な失敗があってこそ金属3Dプリンターのノウハウが溜まる

様々な失敗があってこそ金属3Dプリンターのノウハウが溜まる

1629
誤解をされている方が多いのですが、金属3Dプリンターを購入すればすぐにみんなが同じものを製作できる訳ではありません。失敗を繰り返し繰り返し、その製品を安全に奇麗に早く作る事が可能になります。例えば造形姿勢1つとっても精度が変わったり、時間が変わったりしますし、その後の後工程にも大きく影響します。「次工程はお客様」という…
金属粉末材料により変わる積層ピッチ

金属粉末材料により変わる積層ピッチ

金属3Dプリンターでは金属粉末材料により積層ピッチが変わります。積層ピッチというのは、一層一層の間隔の事を指します。メーカーによっても多少変わりますが、マルエージング鋼ですと一層0.04~0.05mmが一般的です。チタン64だと0.03mm、インコネルで0.04mm、SUS316Lだと0.02mmになります。単純に積層…
宇宙産業にとって必須の技術、3Dプリンター

宇宙産業にとって必須の技術、3Dプリンター

1704
JAXAでは「少量多品種生産が得意な金属3Dプリンタは、人工衛星などの宇宙機で使用する部品に適した製造方法であり、将来の宇宙産業にとって必須の技術となり得る。」と位置づけています。しかし、金属3Dプリンターでの造形品がそのままで使える訳ではないので、日本の金属加工技術との融合で新たな工程を模索しています。それは数々のテ…
関東地方の金属3Dプリンター無料セミナー企画予定

関東地方の金属3Dプリンター無料セミナー企画予定

1595
最近になって実はある事が発覚致しました。中部圏に比べ関東圏での金属3Dプリンターの知識が少ないようです。まだ全く知らない方々も多く存在しているようで、少々私たちも戸惑っております。そこで関東圏での金属3Dプリンター無料セミナーの開催を企画したいと思っております。まずは金属3Dプリンターの仕組みなどの基礎知識を聞いて頂き…
金属を出力できる3Dプリンター

金属を出力できる3Dプリンター

1568
樹脂の3Dプリンターは一般的になってきましたが、金属で出力できる3Dプリンターがあるのをご存知ですか??どんな金属でも出来る訳ではありませんが、しっかり金属として形状が出来上がってきます。金属粉末積層装置というのが本来の名前ですが3Dプリンターの方が世の中に馴染みがあるので敢えて3Dプリンターと呼んでいます。方式は金属…
エアバス「A350」導入相次ぐ

エアバス「A350」導入相次ぐ

1792
エアバスの最新鋭機「A350」が本格化したようです。エアバスと言えば「A380」に金属3Dプリンターを用いてエンジンカバー用ドアヒンジや荷物入れの扉のノブを製作し取り付けているなど最先端の技術も取り入れております。航空機でも自動車でも同じかと思いますが、軽量化が燃費向上につながるとされています。しかし、強度ももちろん必…
Return Top