2016/4

東京金属3Dプリンターセミナー開催

東京金属3Dプリンターセミナー開催

1306
6月3日に東京で金属3Dプリンターセミナーが行われます。《 先行ユーザにみる金属3Dプリンタを駆使した金属製品・金型の製作技術と活用例 》 ☆開催内容の詳細 → http://www.j-tic.co.jp/h80412.htm      【6月3日開催セミナーのご案内】 【当セミナーの特典】受講料 39,000円でお…
金属3Dプリンターが航空宇宙産業を変えるって??

金属3Dプリンターが航空宇宙産業を変えるって??

1554
実用的な金属部品の量産技術金属3Dプリンターの売上が急増している。だがこれは、航空宇宙産業における「付加製造」の急成長のはじまりにすぎないのかもしれない。金属3Dプリンティングは数十年も前からある技術だが、ここへきて実用的な量産技術として注目され始めている。特に航空宇宙産業各社が長年開発してきた付加製造部品の量産に備え…
付加価値ある意匠デザインを実現するものづくり技術2016展示会

付加価値ある意匠デザインを実現するものづくり技術2016展示会

1133
突然ではありますが、5月13日に開催される「付加価値ある意匠デザインを実現するものづくり技術2016」に参加致します。会場は東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワーB2Fホール 「ベルサール東京日本橋」です。主催者は日経デザイン、日経ものづくり、日経テクノロジーオンライン様です。新しい技術や技がある企業様が出展さ…
それは突然にやってきた・・金属3Dプリンターのリスク「レーザーの寿命」

それは突然にやってきた・・金属3Dプリンターのリスク「レーザーの寿命」

997
前々から恐れていた金属3Dプリンターのリスクが突然にやってきました。ヒタヒタと忍び寄ってきた訳ではなく、突然です。それがレーザーの破損です。以前からお伝えしてきたようにレーザーは3年以内に壊れます。弊社ではそれを少しでも早く察知する為にレーザーの出力測定を実施してきました。しかし・・それは音も無く突然やってきたのです。…
ゴールデンウィーク休業日のご案内

ゴールデンウィーク休業日のご案内

695
拝啓 貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。さて、誠に勝手ながら弊社では、ゴールデンウィーク休業日を下記の通り実施させて頂きます。ご不便をお掛けしますが、何卒ご了承の程お願い申し上げます。休業日程      休業日  4月30日(土)~5月5日(木)5月6日(金)よ…
3Dプリンター+スキャニングサービスの相性は抜群

3Dプリンター+スキャニングサービスの相性は抜群

741
3月より始まりましたスキャニングサービスと3Dプリンターの組み合わせは非常に良い物と思います。早速スキャニングに仕事も頂き、あわせて3Dプリントまでさせて頂いております。スキャニングは出来上がった金属3Dプリンター製品とCAD図面の差異も見る事が出来ます。写真のようにプラスしているところは赤、マイナスしているところは青…
昨年の金属3Dプリンター販売台数

昨年の金属3Dプリンター販売台数

1373
昨日ひょんとしたところから昨年売れた金属3Dプリンターの台数を知る機会がありました。といっても殆どの情報は持っていますが具体的な販売台数は不確定でした。しかし、改めて全メーカー様の販売台数を知る事が出来ました。販売台数総数は約55台。金属3Dプリンターの数が徐々に広まってきています。1つには研究開発部署、そして金型分野…
満員御礼!ありがとうございました

満員御礼!ありがとうございました

804
先日開催されました「金型展2016」にたくさんの方々にご来場頂きありがとうございました。また、弊社セミナーも初日にもかかわらず満員を頂きありがとうございました。金属3Dプリンターが金型に応用され多くの企業様がその効果を実感されております。少しでも多くの皆様にその事実を伝えたくてお話をさせていただきました。弊社ブース内で…
日本ダイカスト協会賛助会員になりました

日本ダイカスト協会賛助会員になりました

829
金属3Dプリンターによるダイカスト金型の応用が増え、そのおかげかダイカスト協会への参加をお誘いいただきました。もちろん喜んで参加させて頂きました。金属3Dプリンターのダイカスト金型への応用はヨーロッパでは既に行われていましたが、日本でもようやく少しだけ受け入れて頂けている企業様が増えています。もちろん結果がよく、リピー…
ダイカスト金型事例に興味津々

ダイカスト金型事例に興味津々

769
昨日から行われています金型展。金属3Dプリンターのダイカスト金型への応用事例など興味津々にご覧頂いております。昨年と違い金属3Dプリンターを全く知らないというお客様は非常に少なく、むしろ詳しい方の方が多いのかもしれません。しかし、実用レベルでの話はまだ知らない方の方が多いため質問事項も多く、つい一人のお客様と長くお話を…
Return Top