2016/8

産業新聞に掲載されました

産業新聞に掲載されました

746
人工股関節の開発についての記事が「産業新聞」に掲載されました。実は昨日も名古屋のモノづくり研究会に参加させて頂き、医療分野のお話を聞いていました。今後の日本の「超高齢化社会」に向けて医療分野はもっと充実させるべきというお話も聞いてきました。医療が発達し、寿命が延びてきておりますのでそれに伴う問題が今後でてくるのだと実感…
スパッタとは

スパッタとは

「ヒューム」と間違う場合がありますがよく似た現象として「スパッタ」というものがあります。金属3Dプリンターでは多く確認でいる現象ではありません。「ヒューム」か「スパッタ」か悩むくらいの微粒子程度です。「スパッタ」とは溶接中に飛散するや金属粒のことで、一般に溶接では品質の妨げになると言われています。金属3Dプリンターでも…
ヒュームとは

ヒュームとは

金属3Dプリンターでは溶接と同じ言葉が使われる事があります。その1つが「ヒューム」と言われる言葉です。「ヒューム」とは溶融時に発生した金属蒸気が凝集して微細な粒子となったものを指しています。EOS機ではヒュームを回収する空気の流れがチャンバー内にありますが、この流れがない場合はレーザーのレンズに付着し曇りの原因となりま…
静岡地区 金属3Dプリンター営業動員

静岡地区 金属3Dプリンター営業動員

593
9月から金属3Dプリンターの静岡地区を担当する女性営業マンが誕生致します。今までも静岡地区にはお邪魔しておりましたが、選任として営業を配置するのでいつでもお伺いする事が出来ます。今までは三重から兵庫を1名 愛知県から静岡で1名でしたが、静岡選任を置く事により愛知を1名選任で動く事ができることと、静岡地区も選任になるので…
3次元水管とは?

3次元水管とは?

最近ダイカスト金型や樹脂金型の中に3次元水管を配置する技術が注目されています。3次元水管とは、左図のように自由に水管を配置する事が出来る技術の事を指します。この技術を使った金型は成形サイクルタイムを短くする事ができます。熱溜まりがあった部分に水管を通す事が出来るようになったので均一に冷却が出来るようになったことが大きい…
金属3Dプリンターの保守点検

金属3Dプリンターの保守点検

949
弊社では今週金属3Dプリンター3号機の保守点検を実施しております。(定期点検)金属3Dプリンターはかなり繊細な設備で半年に一回の保守点検を実施していかなければなりません。高額な部品が実装されている設備なので点検を怠るとそれなりのリスクが生じてきます。今日は具体的にどんな箇所の点検をするかをご説明させて頂きます。光学系金…
金属3Dプリンターを知ろう 新セミナールーム開設 

金属3Dプリンターを知ろう 新セミナールーム開設 

741
このたび株式会社J・3D内のセミナールームを移転開設致しました。収容人数は30人となります。今までも社内にて「金属3Dプリンター工場見学&セミナー」をしてまいりましたが、もっと皆様に使って頂きやすくする為の移設開設とさせて頂きました。セミナーなんて偉そうな事言いますが、そうではなく皆様に少しでも金属3Dプリンターの基礎…
積層ピッチとは

積層ピッチとは

3Dプリンターの話の中には「積層ピッチ」という言葉が頻繁に出てきます。この言葉は樹脂の3Dプリンターでも金属の3Dプリンターでも使われます。一言で言ってしまえば「積層厚み」の事をさしています。皆様がよく見る病院での「CT画像」は3Dプリンターにおける「スライスデーター」というものになります。このスライスデーターを3Dモ…
今年も金属3Dプリンターで九州展示会参加致します

今年も金属3Dプリンターで九州展示会参加致します

昨年も参加させて頂きました九州での展示会に今年も「金属3Dプリンター」で参加させて頂きます。場所は福岡県博多市の「マリンメッセ福岡」になります。昨年は鹿児島、大分、長崎、佐賀、福岡、熊本の皆様と名刺交換をさせて頂き、実際に金属3Dプリンターの相談を頂いたり、見積り、注文まで頂き本当に感謝しております。今年も各県の皆様に…
群馬県金属3Dプリンターの現状

群馬県金属3Dプリンターの現状

895
弊社営業から群馬県の金属3Dプリンターの現状についての報告がありました。群馬県には弊社の金属3Dプリンターサービスを使って頂いているお客様も多数ある地域ですが、まだ金属3Dプリンターを知らないお客様が多く存在しているとの事です。問い合わせ件数を見ても少ない地域であることは間違いないです。しかし、群馬県周辺には自動車関連…
Return Top