金属3Dプリンターのサポート材付着例1

金属でも3Dプリンターで造形するものにはサポート材が付着します。付着についてはこちら→http://j3d.jp/?p=4414

色々なケースがあるので、少しずつですがサポート材の付き方を公開して行きたいと思います。

スクリーンショット 2015-06-18 09.42.58サポート材はオーバーハングしている部分や、角度が45°を割る部分には付着します。場合によっては付けなくてもいい場合もありますが、基本的には全て付いてしまいます。

このサポート材の付着によって造形の可否が決まることも少なくありません。 “金属3Dプリンターのサポート材付着例1” の続きを読む

金属3Dプリンターサポート除去の方法

金属3Dプリンターサポート除去

金属3Dプリンターではサポート材という物が付着する事は以前にお話をしました。

このサポート材をどのように取って行くのか?? というお話はメーカーからも中々お話して頂けないでしょうし、サービスビューローからも中々話される事はありません。特に話す必要がないと言えばそれまでですが、このサポート材の影響で造形が出来ない形状があったり金属3Dプリンターが普及しない要因の一つとも言えるのでお話しさせて頂きます。 “金属3Dプリンターサポート除去の方法” の続きを読む

金属3Dプリンターにはルールやノウハウが存在していた!

サポート材とは

展示会やテレビ等では金属3Dプリンター造形品の出来上がったものしか見る事ができません。よって、あたかも何でも出来上がってしまうように錯覚してしまいますが、金属3Dプリンターには樹脂と同様サポート材と言われるものを付ける必要があります。

IMG_1045樹脂でこのようなフィギアを作る事が可能でも、金属で同じものを作ろうとすると大変な事になります。それがサポート材の存在になります。写真を見ながら想像して頂きたいのですが、このモデルの耳が宙に浮いている事がわかります。この浮いている部分には支えが必要となります。金属3Dプリンターでもこの宙に浮いてしまっている部分にサポート材を付けるのですが非常に厄介な物になります。 “金属3Dプリンターにはルールやノウハウが存在していた!” の続きを読む

複雑困難な金属3Dプリンター造形

複雑困難な造形が増え始めてきています。

複雑困難な造形ってどんなもの??と思うでしょうがこればかりは造形をしている方にしかわからない事になります。

今回色々と難しいのは中空形状になります。以前からサポート材の難しさや造形姿勢などの考え方等お伝えしてきましたが、今苦しんでいるのはどのような造形姿勢をとってもサポート材を付けなくてはならない事です。

中空形状にサポート材を付けてしまうと後から取ることが出来なくなるので付けられませんが、付けないと崩れてします。

さて・・このような場合どうすれば良いのか・・毎日議論が続きます。

このような難しい形状は特別な物ではありません。むしろその方が多いのかもしれません。

これらをクリアするには多くの議論とチャレンジをしなければなりません。しかし、これらをクリアしていければ更にノウハウが高まり他社では真似できない独自の技術として積み重ねられるのです。

金属3Dプリンター造形ではこのように敢えてチャレンジする事が大事になってくるのだと実感します。

出来ない理由を並べる前に、出来るように考える。

少しずつしか進まない事ですがチャレンジを辞めない企業でありたいと思います。