金属3Dプリンター造形ルール

金属3Dプリンターの造形配置の基礎

金属3Dプリンターの造形配置の基礎

金属3Dプリンターの造形範囲はどのメーカーのものでも□250mmが多いのですが、その中に納めることがきれば全く異なる形状が入っていても同時に造形をすることが出来ます。たとえば・・この写真のように色々な形状のものが入っていても同時に造形できてしまうので入るだけ入れてしまった方がコストが安く済みます。しかし・・思ってるよう…
金属3Dプリンター造形に於けるアスペクト比(造形ルール)

金属3Dプリンター造形に於けるアスペクト比(造形ルール)

アスペクト比という言葉は一般生活の中ではあまり使う言葉ではありませんが、例えばテレビの縦横の比率はアスペクト比と言います。簡単に言えば縦横の比率のことをアスペクト比と言うのですが、金属3Dプリンター造形に於いてもこのアスペクト比というものが存在します。金属3Dプリンターに於いてのアスペクト比は1:8。底面の長さが8倍ま…
金属3Dプリンターにはルールやノウハウが存在していた!

金属3Dプリンターにはルールやノウハウが存在していた!

サポート材とは展示会やテレビ等では金属3Dプリンター造形品の出来上がったものしか見る事ができません。よって、あたかも何でも出来上がってしまうように錯覚してしまいますが、金属3Dプリンターには樹脂と同様サポート材と言われるものを付ける必要があります。樹脂でこのようなフィギアを作る事が可能でも、金属で同じものを作ろうとする…
3Dプリンターの造形基礎(円)

3Dプリンターの造形基礎(円)

3Dプリンターは積層造形と言われるだけあって、一層一層の積み重ねで出来ていきます。積層ピッチは別として金属3Dプリンターでも樹脂3Dプリンターでも変わりはありません。そのおかげで皆様が思っている現象と違う場合も多くあります。その最たる例が円です。円を造形するのにも一層一層の積み重ねで作りますので、厳密に見ると円は階段で…
Return Top