電子ビームを用いた金属3Dプリンタ 三菱電機

三菱電機は2019年9月2日、熱源に電子ビームを用いた金属3Dプリン「EZ300」を発売した。希望小売価格は9800万円。年間10台の販売を目指す。業界最高の加工速度毎時250 ccと独自の棒状陰極の採用による業界最長の加熱寿命1,000時間を実現し、金属3Dプリンターに革命を起こす。

脅威の造形速度250cc

現状のレーザー式粉末積層造形の造形速度は50ccとされていますが、今回発売された金属3Dプリンターはなんと250cc!!造形範囲こそ250mm×250mmですが能力的に見れば5倍の能力が見込まれます。5倍の能力で9800万円は非常に価値がある。

ビームを採用し6000wの高出力で、汎用性も考慮した設計で、電子ビームの出力や走査速度、ビーム径といった造形時のパラメーター設定の自由度が向上し更に付加価値が高い機種となっている。

まさに欲しかった全てが実現されている金属3Dプリンターと言える。

省スペースで高効率に金属造形をするならまさにこの3Dプリンターが最適と言える。

様々な分野での活躍が期待される。

 

スギノマシンも金属3Dプリンターに参入

工作機械メーカーのスギノマシンは11日、金属3Dプリンターを開発したと発表しました。切削加工のツーリングも備え、1台で造形から完成品として取り出すことが出来ます。2020年4月に発売を想定しています。

タービンブレードの損傷を修正や金型の修正などもできると書いてあることからレーザーメタルディポジション方式?なのかと推測している。 “スギノマシンも金属3Dプリンターに参入” の続きを読む

GEが狙う新産業革命とは?

以前NHKでアメリカのGEが新産業革命を狙った動きをしている特集がありましたね。

ビックデーターもさることながら、金属3Dプリンターもその中に組み込まれています。アメリカ本土の方ではGEは既に航空機のエンジン部品を金属3Dプリンターを使用して作っています。それに日本の加工技術を組み込ん込んで行きたいのか日本への注目度が高くなっているみたいです。 “GEが狙う新産業革命とは?” の続きを読む

急激に進む金属3Dプリンターによる3D水管金型

金属3Dプリンターで作る3D水管金型

2金型展2018(2018年6月13日〜16日開催)以来、急激に金属3Dプリンターを使用した金型の関心度が高まっています。

樹脂金型をご使用のお客様が多いように感じますが、金型形状に合わせた3D水管の配置を希望されております。 “急激に進む金属3Dプリンターによる3D水管金型” の続きを読む