金属3Dプリンター出張セミナー受けています

毎月色々な場所で金属3Dプリンターのセミナーや講演をさせて頂いております。

金属3Dプリンターへの関心も高まっていますし、成功事例なども多く出ているからです。

弊社では皆様からのニーズをお伺いして内容を変えてお話させていただいている次第です。

最もお客様に人気があるのが “金属3Dプリンター出張セミナー受けています” の続きを読む

3Dプリンタを活用した軽量・高強度造形の 開発・技術動向と適用事例及び今後の展開

来週8月2日「3Dプリンタを活用した軽量・高強度造形の開発・技術動向と適用事例及び今後の展開」のセミナーを開催致します。

まずはじめに「トポロジー最適化と3Dプリンタの連携がもたらす相乗効果 ~軽量化設計プロセスと適用事例~」についてのお話をアルテアエンジニアリング㈱ 営業技術部 シニアテクニカルマネージャ 阿部 大生氏から聞けます。トポロジー最適化という言葉は最近よく聞かれるようになりましたが、設計したい空間にどのように材料を配置すれば最適な構造となるのかを提案してくれる構造最適化手法の一つです。設計初期段階から取り入れることで、大幅な軽量化や開発期間の短縮を実現します。本講演では、トポロジー最適化の活用方法のほか、トポロジー最適化テクノロジーと3Dプリンタの連携による利点や相乗効果とその適用事例をご紹介して頂けると思います。

次に㈱ファソテック CAE&AM開発センター AM開発グループマネージャー 小西 健彦様より「Markforged社製カーボンファイバー3Dプリンタによる軽量・高強度造形の開発・技術動向と適用事例及び今後の展開」についてのお話があります。私も先日展示会で見てきましたが新たな3Dプリンターとして非常に注目できる存在だと思っています。絶対に聞きたい内容になると思いますよ!この3Dプリンターは部品製造を目的に開発された、堅牢で軽量な造形をするMarkforged社の3Dプリンタです。
Additive Manufactureing普及の課題となっていた「強度・精度・コスト」を解決する連続カーボンファイバー利用の新技術と、主に、軽量化を求める分野での利用事例と革新的な低コスト・高精度(後加工不要)・大型造形を実現した超低価格(1300万円前後)のMarkforged社製金属3Dプリンタ(今年の9月出荷開始予定)についてもご紹介していただけます。

またその次に興味深い話が続きます。東京理科大学 理工学部機械工学科 准教授 松崎 亮介様より「連続炭素繊維複合材料3Dプリンタによる軽量・高強度造形の開発・技術動向と適用事例及び今後の展開」の話が聞けます。自動車・航空宇宙用構造に適用可能な高強度立体造形を目的とした「連続炭素繊維複合材料3Dプリンター」の研究開発と高強度・高剛性な連続炭素繊維で強化された樹脂系複合材料を3Dプリントできれば、3DのCADデータから構造部材ごとに成形法を変えて最少費用・最短時間の立体造形ができるため、特に多品種生産において大きな工業的効果の話になるようです。とっても興味深いお話です。

そして次に弊社のお話になるのですが金属3Dプリンターサービスビューローとしての観点から皆様にお伝えできる事は一生懸命伝えさせて頂きます。

そして最後に東京理科大学 工学部機械工学科 准教授 牛島 邦晴先生より「金属3Dプリンタを用いたマイクロラティス構造による軽量・高強度造形の開発・技術動向と適用事例及び今後の展開」についてのお話があります。マイクロラティス構造とは、3次元オープンセル構造のひとつであり、そのユニットセルの形状を適切に設計する事で、軽量かつ優れた機械的特性を部材に持たせる事が出来ます。また、その微細な形状は、近年の金属3Dプリンタ技術の発展により短時間に造形できるようになりました。本講演では本学が所有する「3D Systems社 ProX300」を用いて造形したマイクロラティス構造の品質と機械的特性評価、さらにはマイクロラティス構造の応用展開について紹介して頂けるそうです。牛島先生とは今後情報交換も含め弊社ともおつきあい下さるとの事で非常に楽しみな内容になっております。

今回は今まで実現不可能だった大幅な軽量化ニーズに挑む 第一線でご活躍の講師陣が最新動向を解説して頂けますのでこのチャンスを逃さないようにお願い致します。

このセミナーの申込に関しては「日本技術情報センター」企画・セミナー統括責任者:吉田 賢にご連絡下さい。

電話番号 03-5790-9775 

お誘い合わせの上ご来場下さい。

 

ダイカスト技術交流会 今後の金型冷却技術を考える

日本ダイカスト協会から初めて金属3Dプリンターでの金型つくりの講演依頼を頂きました。現在金属3Dプリンターを使ったダイカスト金型づくりの実用のお話を是非して欲しいとの依頼で本当に嬉しく思っております。

皆様だいぶ金属3Dプリンターの知識を向上させて頂いておりますが、キャビティー形状に沿った3D形状の冷却回路(3次元水管)にも一定のご理解を得ている物と思います。

今後の金型冷却はこの3次元水管を以下にうまく配置するかによって、焼き付き防止や生産性向上を計って行かなければなりません。しかしまだ課題も多くある事には変わりありません。

今、私たちが抱えている課題や、お客様が感じていらっしゃる事等お話しながら今後のダイカスト金型の未来を作って行けたら良いと思います。

残念ながらこの技術交流会は日本ダイカスト協会の会員様限定のものになりますので一般の方々には聞いて頂けませんが、今後の啓蒙活動で皆様にまたお話しできる機会があればどこへでも伺う所存でございます。

是非皆様からご依頼もお待ちしております。

第60会ダイカスト技術交流会

日時:2017年6月23日(金)

場所:機械振興会館(〒105-0011 東京都港区芝公園3丁目5−8)

定員:90名

内容:金属3Dプリンターを活用した金型部品の提案

発表者:営業部長 酒井宏樹

失敗談も交えた金属3Dプリンターセミナー開催

2月25日は失敗談も交えた金属3Dプリンターセミナーを開催します。

午前は理化学研究所。午後は新宿で開催致します。今までのセミナーと大きく違うのは失敗談とより詳細な情報です。

サポート材に付いても詳しくお話しさせて頂く事により、より理解が深まる事と思います。

金属造形は全てが成功するわけではありません。造形できなかった事もあるし、不良品になった事もあります。

そんな失敗を今回は写真つきで解説致します。

何が原因で、どんな症状が出るかなど・・・今後も失敗の数だけ増やして行こうとも思います。

より皆様に金属3Dプリンターの真実の姿を知って頂きたいと思います。

IMG_6104

「金属三次元造形の最新技術」に関する講演会(名古屋)

近年話題の三次元造形(3Dプリンター)を金属に対して実用化されてきた第一線の研究者・技術者から、二つの代表的な金属三次元造形法であるパウダーベッド方式とパウダー噴射方式のプロセス・機械についてご紹介いただきます。
 
◇日時:平成27年11月10日(火)13:30-16:00
◇会場:名古屋市工業研究所  3階 第1会議室
◇内容:・レーザとボールエンドミル加工を融合した金属粉末積層造形法
      名古屋大学大学院工学研究科 客員教授 上田隆司氏
    ・Additive / Subtractive Hybrid Machineの開発
      DMG森精機(株)開発製造本部電装制御担当専務執行役員 藤嶋誠氏
◇定員:80名
◇参加費:無料(資料代 1,000円(予定))
◇申込締切:平成27年11月2日(月)
 
◇お申し込みおよび詳細はこちら
 
お時間がある方は是非ご参加下さい!金属3Dプリンターの新たな方式を知るチャンスです。
 
申込期限が迫っておりますのでお早めにお申し込み下さい。
 
スクリーンショット 2015-10-27 13.17.43

金属3Dプリンタ・シンポジウムパネラーとして参加します。

3Dプリンタによるものづくりは、今後大きく発展する可能性を秘めており、当地域の産業においても、 その活用が重要となっています。

名古屋市工業研究所では、東海地域の公設試験研究機関と連携して、3Dプリンタ等を活用したものづ くり支援を進めています。このたび、金属3Dプリンタの活用に関するシンポジウムを開催します。

金属3Dプリンタは、製造技術としての可能性が急速に拡がりつつあり、積層造形の特徴を活かしたり、 他の加工法と組み合わせることにより、製品に新たな価値を付与することが可能になってきています。

本シンポジウムでは、金属3Dプリンタに焦点を当て、最新の技術開発や先進的な活用事例をご紹介す るとともに、当地域の企業を交えたパネルディスカッションを通じて、当地域の製造業にどう役立ててい くべきかについて、探っていきます。参加費は無料です。多くの皆様のご来場をお待ちしております。

参加希望の方は下記アドレスからご登録下さい。

金属3Dプリンター受託サービスについてのセミナー(九州)

全国で金属3Dプリンターのセミナーをしておりますが、来月は九州でのセミナーの開催予定があります。

日時は10月16日金曜日、マリンメッセ福岡で12:30から1時間お話しさせて頂きます。

内容としては「金属3Dプリンター受託造形サービスが出来る事、出来ない事」という内容になります。

金属3Dプリンターに興味がある方・・また情報を収集している方・・

今、金属3Dプリンターで何をしているのかなどお話しできればいいかと思います。

たくさんの皆様の参加をお待ちしております。

IMG_1337