樹脂金型ガス抜き構造を配置した金型

弊社では金型といえば「ダイカスト金型」が主流でしたが、お客様の要望を多数いただき、樹脂金型のガス抜き構造も、3次元水管も配置した金型製作に取り組んでおります。

金属3Dプリンターでは多孔質体もレーザーのパラメーターを変えることによって作ることが可能なのですが、再現性が悪いことと狙ったことが出来ない理由でほとんど手掛けておりませんでしたが、ただいまガス抜き構造のテストが進行中です。 “樹脂金型ガス抜き構造を配置した金型” の続きを読む

岐阜県工業会 10月11日に3Dプリンター講演会

【岐阜】岐阜県工業会は10月11日午後1時半から、関市の岐阜県産業技術総合センターで、生産技術研究会講演会「3Dプリンターの独創的な活用技術と今後の展開」を開催する。

(出典:中部経済新聞 https://www.chukei-news.co.jp/news/2019/09/14/OK0001909140401_04/

中部経済新聞様にもご紹介いただきましたが、来月11日午後1時から3Dプリンターの講演をさせて頂くことになっております。 “岐阜県工業会 10月11日に3Dプリンター講演会” の続きを読む

金属3Dプリンター工場見学&セミナーご案内(無料)

金属3Dプリンター工場見学&セミナーを開催したいと思います。

まだ準備が整っておりませんが、弊社内にセミナールームを開設致しました。金属3Dプリンターに興味のある皆様が気軽に寄れる会場にしたいと思っております。

サンプル品などの展示もさせて頂きますので、工場見学、サンプル品の確認、そして基礎的な勉強会といった感じで進めたいと思います。 “金属3Dプリンター工場見学&セミナーご案内(無料)” の続きを読む

金属3Dプリンター出張セミナー受けています

毎月色々な場所で金属3Dプリンターのセミナーや講演をさせて頂いております。

金属3Dプリンターへの関心も高まっていますし、成功事例なども多く出ているからです。

弊社では皆様からのニーズをお伺いして内容を変えてお話させていただいている次第です。

最もお客様に人気があるのが “金属3Dプリンター出張セミナー受けています” の続きを読む

金属3Dプリンター造形+HIP処理しています

金属3Dプリンターで造形したものを更に確かな金属へする為に「HIP処理」というものがありますが、弊社でも協力していただいている企業様で「HIP処理」まで出来ます。

金属3Dプリンター造形品は試作品の域を中々出ずにおりました。今もなお同じです。その理由が疲労強度なのです。

金属3Dプリンターで造形した金属の組織は柱状晶になりますので、疲労強度が弱くなると言われていますが、HIP処理をすることにより内部構造的にそれは消え金属としての全ての強度を満たすことが出来るのです。 “金属3Dプリンター造形+HIP処理しています” の続きを読む

MONOistで医療分野が紹介されています

株式会社J・3Dが「MONOist」で紹介されまていました。

「MONOist」とは、製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアで、「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事を紹介しているサイトになります。 “MONOistで医療分野が紹介されています” の続きを読む

4月から6月 金属3Dプリンター体験学習開始

今年の4月から6月は金属3Dプリンター体験学習を実施させていただこうと考えております。

金属粉末造形機を扱ってみたかった企業様、担当者様。 座学では色々知っているが、実際の事は・・など様々なお客様の事情や要望等がありこの運びとなりました。

丸1日の体験コースとなりまして、10時から17時半までになります。 “4月から6月 金属3Dプリンター体験学習開始” の続きを読む

コバルトレスマルエージング鋼造形開始

お待たせいたしました。

皆様からご要望の多かったマルエージング鋼のコバルトレス造形が可能となりました。

コバルトは原子番号27の元素で鉄系元素の1つですが、コバルト及びその化合物は、化学物質排出把握管理促進法(化管法)第一種指定化学物質(政 令番号:132)に指定されているほか、有害大気汚染物質に該当する可能性がある物質に選定されています。

ごく微量ではありますが、マルエージング鋼にもコバルトが使われておりますので、レス化はお客様からの要望事項として以前から存在しておりました。

それが、ようやく形になりコバルトレスマルエージング鋼として造形、販売できるようになります。

具体的には来年よりコバルトレスマルエージング鋼の造形をさせていただきます。

コバルトレスマルエージング鋼の特性を知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

金型、試作品での使用用途として問題なくお使いいただけます。

ダイカスト会議に金属3Dプリンター受託サービス出展いたします

2018年11月8日(木)、9日(金)、10日(土)の3日間、パシフィコ横浜 展示Cホール・Dホールにて「ダイカスト会議」(展示会)が開催されます。

ダイカスト並びにダイカスト関連企業による新技術、新製品、設備、機器、副資材等を広く関係者に紹介することにより、ダイカスト及び関連業界の発展に寄与することを目的とした展示会になります。

弊社もダイカスト金型においての、新技術、新サービスで出展させていただきます。

弊社では金属3Dプリンターを使ったダイカスト金型の製造は年々伸びており、3次元水管の効果の喜びの声を頂戴しております。

地道な作業でしたが、やっと皆様が金属3Dプリンターの金型を評価してくれたという証です。

私たちは初参加になりますが、ダイカスト企業並びに関連産業様に、最も効率的な最新情報の提供を目指して、出展しておりますので、奮ってご来場くださいますようお願い申し上げます。

入場は無料となっておりますので、お気軽にお立ち寄りください。

展示会の時間は午前9時~午後5時になっておりますので、お時間の許す限りご見学ください。

 ブース番号はG-01です

 

純チタンの金属3Dプリンター造形スタート(テスト)

以前お伝えいたしました純チタンの造形がスタートいたしました。

とは言うものの・・現在はまだパラメーター調整といったところですし、しばらくは商品としてお出しすることはできません。

強度検査、密度などなど色々な試験を行わなければなりません。

テスト造形では思ったより順調に造形できており、今までのチタン64と違い残留応力もさほど強くなくいい感じで造形できております。

純チタンはその耐食性の高さから・・また人体に対しても生体適合性に優れた金属であると言える金属であることから人口骨、関節、歯科材料、手術器具、ペースメーカー、車椅子、ステッキ、アルカリイオン浄水器電極、歯ブラシ、ピンセット等に使われております。

そんな純チタンを金属3Dプリンターにて造形していこうと言うのだから世の中進歩したものですよね。

現在弊社では人工股関節の開発に取り組んでおりますので、それをこの純チタンを使い社会貢献していこうと思っております。

削りにくい材料で、軽くて、適合性も、耐食性も良いので期待値としてはMAXです。

それにはまず、パラメーターを最適化し強度や密度を担保していく必要がありますので、一年かけて開発したいと思っております。

まだ販売はできないものの・・・純チタンも弊社のラインナップとして今後加えて行くのは言うまでもありません。

金属アレルギーを持つ方への、装飾品・・調理器具や食器などでもお使いになることができます。

乞うご期待!!