金属3Dプリンター基礎知識

金属3Dプリンターで使用する金属粉末材料は大トロ

金属粉末積層造形という分類の金属3Dプリンターでは非常に細かい金属粉末材料を使います。

弊社で使う材料も10μm~60μmの金属を粉末を使います。

金属粉末材料は球形状である必要があるのでガスアトマイズ法にて作りますが、このガスアトマイズ法で作ると大きな粒径から小さな粒径、様々な大きさの金属粉末が出来上がります。

先ほどもお伝えした通り金属3Dプリンターで使用する金属材料は非常に細かいので、大きなものは除外する必要があります。

金属粉末大トロ左の図を見て頂ければわかるように、ガスアトマイズ法で作られた金属粉末から選定された材料で金属3Dプリンターに使われる量は半分以下。残りの材料はまた溶かして使用できるものの歩留まりの悪い工程です。ですから価格も高くなってしまうらしいです。

また、作られた金属粉末は酸化しないように管理する必要があります。湿度が高い場所での管理は厳禁。乾燥剤などもいれて管理しておくと良いでしょう。

湿度が高い日や、長い間放置されていた金属粉末は使用する前にオーブン等で湿度を取る必要がありますが、酸化が進んでしまっている粉末は捨てなければなりません。

湿度や酸化の進んだ金属粉末を使用すると、流動性が悪くなりプリンターが停止する事が増えます。

また、使う装置(3Dプリンター)によって粒度分布が違うと言われています。

装置(3Dプリンター)よってふるい分けされたパウダーを用意するとなると、歩留まりが悪く価格が下がらないと言われていますので、当分金属粉末の価格は現状のまま推移すると思われます。

弊社内のテストでも粒度分布があっていないと密度にも影響することが分かっていますので、簡単に金属粉末を変えることができないのです。

enshin

金属粉末を使った3Dプリンター

名古屋にある株式会社J・3Dは、金属と樹脂を使用した金属3Dプリンター受託造形出力サービスを承っております。お客様の要望に合わせて金属粉末積層造形も行っていますので、自社開発が困難な場合はぜひ一度ご相談ください。株式会社J・3Dでは、日本一の設備保有台数と豊富な材料を扱っております。試作・開発・金型・部品製作はもちろん、オーダーメイド生産・少量生産も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

Return Top