ブログ

ステンレスSUS316L金属3Dプリンター造形品の強度

いつもステンレス造形の件、SUS316Lの金属3Dプリンター造形のお問い合わせを頂きありがとうございます。

本当はお客様もSUS303とか304で金属造形したいみたいですが、今はまだできませんのでSUS316Lで我慢していただいており心苦しく思っております。

皆様が思っているよりSUS316Lの造形は難しく、造形積層厚みも0.02とほんの少しづつしか積み上げることができません。

ですから時間がかかる=価格が高いになってしまいもうしわけありません。

しかし、いつかもっと早く造形できるパラメーターを開発いたしますので、それまでいましばらくお待ちください。

もちろんSUS303,304なども造形ができるように頑張ります。

ステンレスの特徴は

①加工に技術が必要
②強度が強い
③錆びにくい
④磁石にくっつきにくい
⑤価格が高い

になっています。SUS316Lの金属3Dプリンターで造形した強度ですが、マテリアルデーターを公開させて頂きます。

SS-316L_M280_Material_data_sheet_04-14_en

強度についてご質問が多かったので、マテリアルデーターシートを見て頂ければ詳細がわかるようになっておりますが、英語での記載になっておりますのでお手数ですが、翻訳はお願い致します。

この強度でよろしければぜひお気軽にお問い合わせください。

マルエージング鋼、インコネル718、チタン64、アルミニウム、ステンレス、純チタン、タングステンカーバイトでの金属3Dプリンター造形なら株式会社J・3Dをご用命ください。

108

Return Top