金属3Dプリンター造形+HIP処理しています

金属3Dプリンターで造形したものを更に確かな金属へする為に「HIP処理」というものがありますが、弊社でも協力していただいている企業様で「HIP処理」まで出来ます。

金属3Dプリンター造形品は試作品の域を中々出ずにおりました。今もなお同じです。その理由が疲労強度なのです。

金属3Dプリンターで造形した金属の組織は柱状晶になりますので、疲労強度が弱くなると言われていますが、HIP処理をすることにより内部構造的にそれは消え金属としての全ての強度を満たすことが出来るのです。

しかし、試作品にまで必要かと言われますと必要がありません。造形品は十分な強度は持っています。

製品として・・または長期使用として・・また回転体として・・最終製品として・・

というご要望がある場合は金属3Dプリンター造形+HIP処理をして提供させて頂きます。

金属3Dプリンター造形注文時にHIP処理のご要望がありましたら、是非お問い合わせ下さい。

IMG_1179