馬のひずめに金属3Dプリンター

蹄鉄メディカルの世界でも金属3Dプリンターを使い個人に合わせた医療機器を作るようになってきましたが馬の世界にも当てはまるようです。

馬のひずめにあう蹄鉄は当然馬の大きさにより異なります。

今ではスキャニング技術の発達により測定をすることなく馬のひずめの形をデータ化することができますので、その形状に合わせて蹄鉄を作ればいとも簡単に作り上げることが出来ます。

3Dデータが出来てしまえば、それらを改善し軽量化したり形状を色々変えてみたりすることも可能です。

このようなオーダーメイド生産には金属3Dプリンターは大きく貢献します。一方・・量産にはまったく不向きな機械ですが・・・

しかし、馬のひずめの様に個々に合わせたモノづくりは今後普及してくるものなのかもしれません。

個人的に提案するとすれば、工場の冶具や道具置き場はその工場によって置くものや大きさは違います。

だからオーダーメイドの置き場を造形するのも面白いかもしれません。

整理整頓はしっかりできると思いますよ!!!

カスタムメイド化は工場や医療機器だけの話ではなく、携帯電話や自動車。または家庭雑貨に至まで今後使われるのかもしれません。

なんせアイディアが形になる時代になりましたから!!

馬の蹄鉄もいつか・・スプリント用の軽くて走りやすいものを作る時が来るでしょうし、自分だけの携帯カバーや、自動車部品なんかも期待できます。

3Dプリンターをどのように使うかは、お客様次第!!

23