ブログ

様々な失敗があってこそ金属3Dプリンターのノウハウが溜まる

誤解をされている方が多いのですが、金属3Dプリンターを購入すればすぐにみんなが同じものを造形できる訳ではありません。

失敗を繰り返し繰り返し、その造形品を安全に奇麗に早く作る事が可能になります。

例えば・・・造形姿勢1つとっても精度が変わったり、時間が変わったりしますし、もちろんその後工程にも大きく影響します。

「次工程はお客様」というスローガンを前職の企業で学びましたが、次工程に渡すには次工程の事を考えて、しかもお客様の事を一番に考えて造形しなければいけないのです。

実は弊社ではいまでも失敗を繰り返し、その度にノウハウが蓄積し次の造形に活かしているのです。

恐らくあと数年間はこんな感じで進んで行くのでしょう!

しかし、一歩一歩着実にノウハウを蓄積し、どこにも真似できない造形技術を築き上げております。

今ではそれが評価され、各企業様にもリピート受注を頂いておりますが、特に金型関連はどこの金属3Dプリンターサービスビューローでもできるわけではありませんし、その技術によって品質にも大きく変わります。

やはり、経験とノウハウ、問題を解決する力と情報が非常に大事だと感じます。

弊社の技術的な実力はこの5年間で欧米に追いつける?ほどの力(経験)を付けました。

が、しかし・・・

まだまだ未知の症状が出てくるのだと思いますので、今まで通り素早い対応力と改善をつなげ誰も追いつけない領域に踏み出して行こうと思います。

採用情報

Return Top