金属3Dプリンタで迅速な試作

金属3Dプリンターでの試作品は年々増えております。

それは迅速な試作品を手に入れることができるからです。どの業界でも試作品の短納期化は進んでおり、通常工法では追い付かない場合に金属3Dプリンターを活用してくださります。

それでもまだ日本国内のお客様は金属3Dプリンターの技術を知らない人、または毛嫌いする人も多くそのマーケットの成長率はとてつもなく遅いです。

一方で、海外では更に進んでおり、皆様がご存知のGEアディティブはマニュファクチャリングパートナーネットワークを立ち上げるなど、その活動は活発です。

せめて試作品の領域では金属3Dプリンターの活用を検討されては?と思うところです。

なぜ、こんなに私たちがそこに拘るかと言うと、この技術はすぐに習得できるものではないからです。

これは金属3Dプリンターでできる、できないの判断も必要になるでしょうし、コスト感も大事です。

中国には大量の金属3Dプリンターが納入されており、航空機分野にしろ自動車分野にしろ多くの試作や研究を重ねております。

確立されてからでは日本はもう蚊帳の外になるわけです。

迅速な試作ができからこそ、新しい製品を素早く開発できるはずです。

まずは金属3Dプリンター技術を知っていただき、味見からスタートしてほしいと日々感じております。

ご説明が必要ならばすぐに営業マンがかけつけますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。