岐阜県工業会 10月11日に3Dプリンター講演会

【岐阜】岐阜県工業会は10月11日午後1時半から、関市の岐阜県産業技術総合センターで、生産技術研究会講演会「3Dプリンターの独創的な活用技術と今後の展開」を開催する。

(出典:中部経済新聞 https://www.chukei-news.co.jp/news/2019/09/14/OK0001909140401_04/

中部経済新聞様にもご紹介いただきましたが、来月11日午後1時から3Dプリンターの講演をさせて頂くことになっております。

今回は金属だけでなく、樹脂の3Dプリンターの話も交えてお話してほしいとのことなので、私の知りうる範囲の事はお話をさせて頂きたいと思っております。

最近は金属3Dプリンターのセミナー、講演もあまりしていなかったのですがお話しできる内容も工業会から医療機器製造の話まで幅広くできるようになりました。

また新たな技術開発や、新たな商品開発にも力を入れてきたので少しでも皆様のお役に立てるお話ができたらと思います。

また失敗事例や誰も知らない金属3Dプリンターの実力など詳細な情報までお伝えしたいと思いますので、是非お誘いあわせの上ご来場ください。

プログラム

  1. 樹脂3Dプリンターの方式
  2. 金属3Dプリンタの種類・特徴と主要な国内外メーカ
  3. 金属3Dプリンタ導入・活用上のポイントと留意点
  4. 金属造形ルール
  5. サポート材の種類と付け方・除去
  6. ポーラス構造とラティス構造、ハイブリッド構造
  7. 軽量化を実現するアルミニウム造形
  8. 3次元水管
  9. カスタムメイド人工股関節の取り組みと事業展開
  10. EOS社製金属3Dプリンタ活用の独自技術による造形事例