電子ビームを用いた金属3Dプリンタ 三菱電機

三菱電機は2019年9月2日、熱源に電子ビームを用いた金属3Dプリン「EZ300」を発売した。希望小売価格は9800万円。年間10台の販売を目指す。業界最高の加工速度毎時250 ccと独自の棒状陰極の採用による業界最長の加熱寿命1,000時間を実現し、金属3Dプリンターに革命を起こす。

脅威の造形速度250cc

現状のレーザー式粉末積層造形の造形速度は50ccとされていますが、今回発売された金属3Dプリンターはなんと250cc!!造形範囲こそ250mm×250mmですが能力的に見れば5倍の能力が見込まれます。5倍の能力で9800万円は非常に価値がある。

ビームを採用し6000wの高出力で、汎用性も考慮した設計で、電子ビームの出力や走査速度、ビーム径といった造形時のパラメーター設定の自由度が向上し更に付加価値が高い機種となっている。

まさに欲しかった全てが実現されている金属3Dプリンターと言える。

省スペースで高効率に金属造形をするならまさにこの3Dプリンターが最適と言える。

様々な分野での活躍が期待される。