このところの金属3Dプリンターの動き??

最近のセミナー参加者の企業様、また金属3Dプリンターメーカーの販売動向、そして市場分析、市場予測されているレポートを拝見していても同じ事を思うわけですが・・

金属3Dプリンターのマーケットが急拡大しつつあります。2013年に発生した第2次金属3Dプリンターブームが巻き起こったときは、興味本位で工場見学にきたり、セミナーに参加されたりされる方がほとんどでしたが、ここ1年は様相が変わりました。

工場見学に来て頂けるお客様も、セミナーに参加して頂いているお客様も金属3Dプリンターを購入し、何かを始めよう!という意思が見えています。

いよいよ日本でも本格的に金属3Dプリンターを活用したものづくり(研究開発)が動き出したな・・とヒシヒシと感じます。

最新機種も続々と出ていますので、再び脚光を浴びつつあります。

なんにせよ、金属3Dプリンターの知名度が上がり、マーケットが広がって頂けるのは私どもとしてはありがたいお話です。

皆様も目にしたことがあるかとは思いますが・・

2013年頃が頂点だったとしてこの4〜5年の間に一気に下り、2018年からまた登り始める位置にいるのかもしれません。

登りかたはゆっくりかもしれませんが、確実にマーケットが広がり欧州のようにものづくりが始まるといいですね。

しかし、問題は山積みです。

なんせアメリカでもヨロッパでも規模が違います。

自社で粉末を作り、工程、品質管理ができるほどの設備投資をしていますし、博士級の方々が社内にたくさんいます。

私たちのように小さく初めて・・という考え方ではないので差は大きく広がる一方です。

とはいえども・・・最近では規模を広げるチャンスのお話をいただけるようにもなって来ました。が・・

その前に技術の確立とマーケット作りに最大限の力を注いでいきたいと思います。

 

金属3Dプリンターの情報続々と

このところ以前にも増して金属3Dプリンターの情報が集まるようになってきております。

海外の動向も含めまだ皆様が知らない情報ばかりです。が・・ここで公開できないのが残念です。

皆様が知らないところで色々な製品が金属3Dプリンターで造形されており、「こんなに進んでいるのか!」と思わず驚愕の声を上げてしまうほどです。

さて、今後の金属3Dプリンターの動向はどうなって行くのでしょうか?

先日聞いたお話ですと、やはり金属3Dプリンターがモノづくりの一端を請け負うことはそんなに遠い将来ではないような気がしてきました。

先日、とある場所でお話させていただいた時にお客様が「金属3Dプリンターなんて!まだまだ!」と言われておりましたが、その考え方を少し変えて行かなければならない時代が来たのかな・・と感じます。

新しい技術はどうしても受け入れがたいですし、技術に自身があればあるほど否定してしまいます。その気持ち・・実はよくわかります。ほんの数年前まで同じ考えだったからです。

しかし、最近の海外の動きはめざましく量産に近い事まで取り入れてますし、トポロジー設計も活用した軽量化に進んでいます。そこには産業構造の違いもあるのかも知れませんが、あまりにも日本の進捗と異なりびっくりします。

今、弊社でも海外の金属3Dプリンターサービスビューローとの情報交換もさせて頂いておりますが、より一層密に話して行く必要があるのだと感じました。

 

 

金属3Dプリンターの粉末製造に関する技術動向

金属3Dプリンターの粉末について調査しているところからまとめの結果を頂きました。

弊社のようなサービスビューローでは金属粉末の安価な提供を待ち望んでいます。同時に品質の向上等にも非常に興味があるところですが・・

簡潔に言いますと、現段階では各3Dプリンターに合わせて最適化をする必要があり使用されている全ての金属3Dプリンターの性能を最大限に引き出す金属粉末は存在しないとの事です。

金属3Dプリンターでは粉を敷き詰める「リコーティング」という作業(工程)があるが、各社異なり流動性の重要度も様々であるという事です。

例えば弊社で使用する「EOS」ではピーク20μm〜30μmの粉末を使用しますが、他社の金属3Dプリンターでは自重で粉を供給するため軽すぎて駄目らしいです。

そんな些細な違いが金属粉末の標準化につながらない理由だそうです。

よってコストも下がりにくく・・品質の向上も難しいであろう・・という事なのです。

金属3Dプリンターでは金属のトレーサビリティーが難しく、今後問題にあるであろうと再三にわたって声を上げてきましたが残念ながら金属粉末の再生に関してもまた難しいとされています。

金属3Dプリンターのほんの少しの違いが粉末の開発を妨げ進化を遅らせているとはなんとも言えないお話でした。

早急な標準化と金属粉末の規格化を進めていかなければならないですね。

enshin