異種金属の接合も金属3Dプリンターで可能になる?

S__1654849金属の3Dプリンターは金属粉末にレーザーを照射して溶融させて造形して行きますが、その場合、基準プレートと呼ばれる金属の板の上に溶接しながら造形して行くイメージになります。

例えば、弊社の場合ですと基準プレートはS50Cを使用しておりますが、その上にマルエージング鋼を積み重ねて(積層造形)させていきます。そうするとS50Cにマルエージング鋼がくっついて(溶着)いきます。 “異種金属の接合も金属3Dプリンターで可能になる?” の続きを読む

えっ!アルミニウムの金属3Dプリンター?

今や時代も進みアルミニウムも金属3Dプリンターで製作できるようになりました。

そんな馬鹿な・・と肩を落とす人も、驚く人もいますが・・金属3Dプリンターで造形できるアルミニウムは材質が限られています。

どんな材質にも適用できている訳ではありません。しかも、量産に全く向かない設備なので金属加工屋さんが無くなる事もありません。

しかし、アルミニウムが金属3Dプリンターで造形出来るようになった今、さまざまな事にチャレンジできるようになりました。

軽量化や試作開発です。

今まで出来なかった事が実現できる喜びがこの金属3Dプリンターで可能になります。それだけではありません。納期も圧倒的に早い。

これがアルミニウム金属3Dプリンターの一番のアドバンテージになります。

自動車、航空機、宇宙開発など様々な分野での活躍が期待されます。

テクポン

1個だけの金属3Dプリントは可能ですか?

「金属造形をお願いしたいのですが、1個だけでも可能ですか??」と電話やメールで質問を受ける事が多いですが・・・

もちろんです!!!

金属3Dプリンターは1個でも出来るから嬉しいんです。いや・・・むしろ1個のほうがいいのかもしれません。

素早く完成できる強みと、図面はないが部品はあるなどを解決するスキャニング。

金属3Dプリンターってそういう意味では魔法の箱かもしれませんね。

逆に量産になりますと・・・これが全く歯が立たない・・今までの工法の方がよほど安く早く出来上がります。

見積り比較や納期比較して頂ければ良いかと思います。

弊社では1個だけでも金属3Dプリントをさせて頂きます。

IMG_1417