宇宙産業にとって必須の技術、金属3Dプリンター

宇宙航空研究開発機構 JAXAでは「少量多品種生産が得意な金属3Dプリンタは、人工衛星などの宇宙機で使用する部品に適した製造方法であり、将来の宇宙産業にとって必須の技術となり得る。」と位置づけています。

しかし現状では、金属3Dプリンターで造形した部品がそのままロケットや人工衛星に使える訳ではありません。まだ課題は山積みだと理解しています。 “宇宙産業にとって必須の技術、金属3Dプリンター” の続きを読む

海外ではさらに加速 金属3Dプリンター造形

欧州や米国を中心に、研究開発から自動車関連や航空・宇宙関連分野などでの部品製造用途まで採用が進みつつあります。

市場規模も2016年比で2022年には3倍になるとも予測されているそうです。

日本での金属3Dプリンターは設備台数の伸びはあるものの、マーケットの伸びは、とてつもなくゆっくりで慎重です。

世界の考え方と日本の考え方には大きな隔たりがあるのだと感じます。

しかし、3Dプリンタを活用して直接製造するノウハウは簡単なものではありません。

世界と日本の技術の差が1年、そしてまた1年と開いて行きます。

海外の事例ではGEではガスタービンで積層造形技術を活用した新たな部品を開発し続けていて、発電効率62.22%を上回ったそうです。

こういったひとつひとつの積み重ねの経験や知見が、技術の格差として現れています。

 

金属3Dプリンタは試作だけにとどまらず、製造にも使えるということをもっと皆様には知っていただけたらと思います。

生産現場で抱えているさまざまな課題(治具・型・最終部品)の解決にも、金属3Dプリンタが活用できるはずなのです。

 

金属3Dプリンター用粉末開発相次ぐ

日本での金属3Dプリンター用の粉末開発が盛んに行われています。

昨日も色々説明を受けましたが、資料をみると金属3Dプリンター造形の市場は2025年には2000億にも成長するそうです。

あくまでも3D造形マーケティングの結果より算出との事ですが航空宇宙・金型等の高付加価値品を中心に成長するとの事です。

金属粉末のテストについては以前から弊社でも実施させていただいておりますが、単純に粉末を変えることができないのが現状です。

様々なメーカーの金属粉末を造形してみましたが、同じレーザー照射条件で同じ物を作っても歪みの大きさが違ったり、面粗さが違ったり、強度まで違うことがあります。

歪みが大きくなれば削りしろを大きく残す必要がありますが、そうすると体積が増え造形品の価格は上がってしまい、削る加工賃まで上がります。トータルコストでみると粉末の価格が安くなっても品質が悪くなればかえってコスト高になりますし、納期にも影響します。

削りしろは小さく・・歪みは小さく。。価格も安く・・という3点セットが必要になります。

そして私たちが今後考えなければならないのが、金属粉末のリサイクルについてです。

通常金属粉末はリサイクルしていますが、品質向上やトレーサビリティーを考えればある程度使った金属は溶かしてまた際粉末にしていただきたいと思っています。

高額の粉末を購入して捨てることはできません・・・

酸化もするし、ヒュームや異形の粉末も増えてこれば流動性にも強度にも関わる問題です。

3Dプリンター用の金属粉末を提供していただくと同時にリサイクルの仕組みを考えていただけると嬉しいですよね!!

 

 

金属3Dプリンターが航空宇宙産業を変えるって??

実用的な金属部品の量産技術

金属3Dプリンターの売上が急増している。だがこれは、航空宇宙産業における「付加製造」の急成長のはじまりにすぎないのかもしれない。

金属3Dプリンティングは数十年も前からある技術だが、ここへきて実用的な量産技術として注目され始めている。特に航空宇宙産業各社が長年開発してきた付加製造部品の量産に備え、金属部品を造形する3Dプリンターの売上が急増している。

引用元 https://newspicks.com/news/1525092/body/

記事にも少し紹介されているが、金属3Dプリンターはもう25年も前から研究が進んでいた。

最近になって量産用の金属3Dプリンターもリリースされ、その技術に注目を集めているが日本ではまだまだ冷ややかな印象です。

設備が高額ということと、ランニングコストの費用もすごい。また金属3Dプリンターを扱うにはノウハウも必要になってくる為誰でも簡単に・・という訳にはいかない。

しかし、この記事の言う「航空宇宙産業が変わる」という話が本当であれば少し嬉しい。みなさんが思ってるほど金属3Dプリンターが活用できる範囲は狭いが少しでもお手伝いが出来れば良いと思います。

軽量化にもコストにも貢献できるはずだ。しかし・・・問題は安全性。

本当の意味での貢献はこの重要項目が達成できてからですね。

S__2523138