一長一短の金属3Dプリンターの秘密

展示会でもセミナーでも工場見学にいらしたお客様でも必ずと言って質問されるのは、どこの金属3Dプリンターがいいですか?? というお話です。

弊社はEOSを使用していることをわかっていながらの質問なので、たじろいでしまいますが必ずこう答えるようにしています。「一長一短」です。

実は昨日も工場にいらしたお客様と色々な話をしている中で、同じ話をされました。

某メーカーの金属3Dプリンターはこうでした・・あっちはこうでした・・

様々な情報も頂けたわけですが、やっぱり一長一短でしたね。

結局何がしたいかにより、金属3Dプリンターは変わってくるのだと思います。

お客様のニーズは様々で、細かいものを作りたい企業様もみえれば、大きいものを作りたい企業様もみえますし、再現性重視の企業様もみえれば違う企業様もみえます。

展示会のサンプル品を手にして、結構綺麗にできるね〜って言っていただけるお客様もみえれば、まだまだだね〜とも言われます。

色々なニーズがありますので1つのメーカー金属3Dプリンターでは対応しきれないこともあるのです。

金属3Dプリンターのメーカー毎の秘密まではお客様も知らされていないことがほとんどなので、展示会やセミナー、または工場見学などで情報を集めていらっしゃるのだと思っています。

是非、色々な金属3Dプリンターセミナーや展示会、または工場見学に足を運んで頂き、目で、耳で、そして触って感じて頂ければと思います。

 

金属3Dプリンターの情報続々と

このところ以前にも増して金属3Dプリンターの情報が集まるようになってきております。

海外の動向も含めまだ皆様が知らない情報ばかりです。が・・ここで公開できないのが残念です。

皆様が知らないところで色々な製品が金属3Dプリンターで造形されており、「こんなに進んでいるのか!」と思わず驚愕の声を上げてしまうほどです。

さて、今後の金属3Dプリンターの動向はどうなって行くのでしょうか?

先日聞いたお話ですと、やはり金属3Dプリンターがモノづくりの一端を請け負うことはそんなに遠い将来ではないような気がしてきました。

先日、とある場所でお話させていただいた時にお客様が「金属3Dプリンターなんて!まだまだ!」と言われておりましたが、その考え方を少し変えて行かなければならない時代が来たのかな・・と感じます。

新しい技術はどうしても受け入れがたいですし、技術に自身があればあるほど否定してしまいます。その気持ち・・実はよくわかります。ほんの数年前まで同じ考えだったからです。

しかし、最近の海外の動きはめざましく量産に近い事まで取り入れてますし、トポロジー設計も活用した軽量化に進んでいます。そこには産業構造の違いもあるのかも知れませんが、あまりにも日本の進捗と異なりびっくりします。

今、弊社でも海外の金属3Dプリンターサービスビューローとの情報交換もさせて頂いておりますが、より一層密に話して行く必要があるのだと感じました。

 

 

今こそ日本の金属3Dプリンターの結束が必要

このところ色々な情報が集まってきます。良い話も悪い話も入り交じっていますが、今最大の関心のあるニュースが届きました。

今後、日本の金属3Dプリンターマーケットに海外が進出してくるというお話です。

考えてみたら当たり前の話で、「EOS」も含めたくさんの海外メーカーの金属3Dプリンターが販売されていて、昨年の販売実績から見てもまるで日本に大きなマーケットがあるように写った事でしょう。

欧米では10台〜100台の金属3Dプリンターを保有する企業が(ビューロー)がいくつかあります。今現在それでお仕事をされている訳ですからビジネスモデルとして確立しています。しかも随分前からです。

弊社もそうですが、金属3Dプリンターを購入してから立ち上げまで多くの時間とお金が必要でした。いえ・・今もそれは進行中です。

それほど金属3Dプリンターでの造形は難しいという事なのです。

欧米では国の補助も十分にあったようで金属3Dプリンターを使いこなせるようになるまでに潤沢な資金を用意してくれていたようです。

そんな彼らが急激に購買台数を積み重ねる日本の市場を狙わない訳がありません。すぐにでもビジネスを始められるノウハウを持っています。

そんなニュースのある中、まだマーケットが確立していない金属3Dプリンター業界で結束もなしに海外勢と戦うのは非常に困難であると予想します。

今、弊社と協業、協力、情報交換していただける企業様は僅か5社。台数にして7台。

こんなちっぽけな組織では太刀打ちできないかもしれない。

今後の事も考え、5年先の事を皆様で話し合う必要がありそうです。

S__2039834

金属3Dプリンターのレーザー交換について

先月弊社の金属3Dプリンターの2号機のレーザーが破損しました。応急処置で1号機と2号機のレーザーを入れ替える事で対応しましたが予告通り約4週間で新しいレーザーがが届きました。

入れ替える設備がなかったら1ヶ月間開店休業になるところでした。

さて、新品のレーザーが届いたという事で早速昨日交換して頂きました。これでしばらく・・大丈夫かと思います。

新品のレーザーの保証期間は1年。1年以内に破損した場合は保証範囲内ですが1年を超えたら購入費用として2000万円の費用がかかります。レーザーの消耗は電化製品並みに早いという事がよくわかりました。

先日、とある総会に参加した時に金属3Dプリンターの販売台数が減る傾向にあるというお話を聞きましたが、そりゃこんなにランニングコストがかかるなら考えちゃいますよね。

昨日も書きました松浦機械製作所様から600角の金属3Dプリンターがリリースされますが、1000Wのレーザーが壊れた場合の価格もちゃんとメーカーに聞いた方が良さそうです。

400Wで2000万かかってしまっているので・・それ相応の価格になる事が想定されますので。

レーザーの交換は金属3Dプリンターにとっては当たり前の事になるので、毎日レーザーの出力測定をして前兆を知る必要がありそうですね。弊社がレーザーの測定を始めたのが丁度1年前になるのでデーター不足で前兆を見極める事が出来ませんでした。が・・・今回の事もふまえ前兆がつかめるデーター測定をします。

こういうノウハウも含めて金属3Dプリンターって改めて難しい・・そして積み重ねがなければ技術力も上がらないという大変な加工方法という事を実感します。

レーザー交換

金属3Dプリンターの技術共有、情報共有

金属3Dプリンターの技術は日本ではまだ始まったばかりですが、海外では多くのジョブショップが成長しております。

昔は「EOS」でもユーザー会があったみたいなのですが、最近では殆どされていないようです。(数年に一回?)

金型業界では日本金型工業界のような一般社団法人などの活動を通じ金型技術の共有や技術の底上げをしてきましたが、金属3Dプリンターにはまだ何も存在しておりませんし、むしろ技術を隠している方が多いのかもしれません。まだ隠すほどの技術はないはずですが。。

それらがいいのか悪いのかはわかりません・・・

しかし、弊社では小さいですが金属3Dプリンター造形企業様と情報共有、技術共有をしております。今のところ3社ですが半年に一回集まって色々な議題についての話し合いの場を設けております。

悩みは皆一緒。

技術の底上げや悩みの解決方法等がこの場で話し合われる日が来ればいいと思います。

まずは、日本でのマーケットの確立がなければならないので技術共有よりも情報共有が先にくるのかもしれません。

まだ第一回しか開催しておらずお互いの企業紹介に留まっておりますが、少しずつ大きな組織へと変貌すれば金型のように日本の金属3Dプリンター技術の向上が目に見えてくると確信しております。

まだ名前も存在しない組織ですが、力を結集すればもっと色々な事が出来るようになると思います。

pic_mr1