今後の金属3Dプリンター講演日程

金属3Dプリンターへの関心がより高くなり、弊社のホームページのアクセス率も日々更新をしております。

そんな中、連動してたくさんの講演依頼を受けました。全国の皆様に金属積層造形での日々の活動や失敗談などをお話しさせて頂ける機会がある事は大変嬉しい事です。

少しでも正しい知識を身につけて頂き、今後のモノづくりのお役に立てればと思っております。

今後の講演日程は以下のようになっております。

2016年12月8日 北海道立総合研究機構 

2016年12月15日 機械工学会講演

2016年12月20日 栃木産業技術センター

2016年12月21日 日本情報技術センター

2017年1月19日 三重県工業研究所

2017年1月27日 山口県産業技術センター

2017年3月8日 化学工学会

上記講演に参加して頂けるかたはそれぞれの担当窓口にお問い合わせ下さい。

金属積層造形の本当の力を知るチャンスになるかと思います。お誘い合わせの上ご来場下さい。

金属3Dプリンター技術底上げの活動

金属3Dプリンターっていうものを世の中のどれだけの人が知っているのでしょうか?

3Dプリンターの事は何気に知っていても金属3Dプリンターの事になると「えっ 金属もできるの?」って言われます。ごく一部の人だけが知っていてその約半分の人は間違った情報や誤解をもっています。

弊社が出来る事と言えば、金属3Dプリンターの事について皆様に知って頂く為の啓蒙活動です。展示会もその1つですが昨年からセミナー、講演といった活動も増やしています。

そんな中今年もたくさんの講演やセミナーをさせて頂きましたが、12月から2月頃までたくさんの講演の依頼を受けましたのでご報告致します。

12月8日 北海道立総合研究機構

12月15日 日本機械学会

12月20日 栃木産業技術センター

1月19日 三重県工業研究所

1月27日 山口県産業技術センター

ここではわかりやすく金属3Dプリンターの基礎から実例までお話しできたらと思っております。まずは知って頂く事。それが第一歩だと思います。

金属3Dプリンターのほうがメリットが出る物もあれば、今までの加工の方が断然優れているものがあります。それらを理解し新しい加工方法の1つとして頭の片隅に置いて頂きたいと願っております。

s__2342997