金属3Dプリンター戦国時代到来

弊社が金属3Dプリンター受託造形事業を始めて5年。

やはり、注目度の高い技術だけあって各メーカーの参入が著しく、どんどん新たな方式の金属3Dプリンターが参入してきました。

私たちも含めた、金属3Dプリンターサービスビュロー、装置メーカー様にとっては早くも戦国時代の到来といったところでしょうか。

方式とメーカーについてまとめてみます。

パウダーベッド方式

  1. EOS
  2. 3D Systems
  3. ConceptLaser(GE)
  4. Arcam
  5. DMG森精機
  6. 松浦機械製作所
  7. Sodick
  8. Renishaw
  9. ORLASER
  10. SLM
  11. TRUMPF

ダイレクトメタルデポジション

  1. DMG森精機
  2. マザック
  3. ORLASER
  4. InssTec
  5. OOKUMA
  6. OPTOMEC
  7. RPM
  8. 東芝機械

液体金属インクジェット方式

  1. Xjet

FDM方式

  1. Markfoged
  2. Desktop Metal

新方式?

  1. Hp
  2. Stratasys

 

 これだけのメーカーと方式が販売され、どれを選んだら良いのかわからなくなってしまいますよね。

どの方式、どの機種を使うにしても必ず必要なのが強度、密度検査です。

安いから、高いからの判断ではなく、使えるのか使えないのかを判断基準にすることがベストですね。

金属3Dプリンターとは

パウダーベット方式の金属3Dプリンター
パウダーベット方式の金属3Dプリンター

金属3Dプリンターは、粉末積層造形機の事を指し、パウダーベット方式と、レーザメタルデポジション方式がある。パウダーベット方式では「SLM」(セレクティブレーザーメルティング)というレーザーを熱源とした方法と、EBM(ELECTRON BEAM MELTING)ビームを熱源とした2種類が存在している。その他にレーザーメタルディポジション方式という溶射型の金属3Dプリンターの普及が始まっている。 最近ではAM(アディティブマニュファクチャリング)という言い方をする事が多いですが、一般的には金属3Dプリンターという言葉で理解されている事が多い。

パウダーベット方式では、マルエージング鋼、ステンレス、インコネル、チタン、アルミニウム、コバルトクロムモリブデンなどの材質ができ、レーザーメタルディポジション方式では工具鋼や銅なども出来ると言われている。一般的に細かな再現性を求めるならパウダーベット方式。早さと大きさを求めるならばレーザーメタルディポジション方式を採用する。

 

ダイレクトメタルディポジション方式
ダイレクトメタルディポジション方式

金属3Dプリンターがあれば誰でも簡単に何でも作れると思われがちだが、その範囲は狭い。造形ルールなどがあり、それに当てはまらなければ造形不可となる場合がある。また金属3Dプリンターでの量産は出来ないため、少量多品種、または一品一様生産に用いられ、その多くは試作開発品が占める。しかし、3次元水管を配置した金型への応用などにも用いられ、成形サイクルタイムの向上や品質向上の為の新たな工法としても注目を集めている。

金属3Dプリンターでのアルミ造形依頼はこちら

金属3Dプリンターでアルミ造形のご依頼がある方は是非ご覧下さい。

アルミの種類はAisi10Mgになりますが素早く開発品を見たい、金型レスにしたいなど数々のご要望にお応えします。

ただし、金属3Dプリンターには色々な造形ルールがあります。→造型ルールはこちら

全てを満たさなければ造形できないという訳ではありませんが、出来ない場合もあります。

なのでまずは営業が訪問させて頂き、造形ルールの詳しいお話とお客様がしたい事との擦り合わせをさせて頂きたいと思います。

その上でお見積りさせて頂くのが1番よい方法だと思います。

金属3Dプリンターでのアルミ造形は2種類ありますし、どちらの方が造形に向いているのかも判断させて頂きたいと思います。

S__2523138