電子ビームを用いた金属3Dプリンタ 三菱電機

三菱電機は2019年9月2日、熱源に電子ビームを用いた金属3Dプリン「EZ300」を発売した。希望小売価格は9800万円。年間10台の販売を目指す。業界最高の加工速度毎時250 ccと独自の棒状陰極の採用による業界最長の加熱寿命1,000時間を実現し、金属3Dプリンターに革命を起こす。

脅威の造形速度250cc

現状のレーザー式粉末積層造形の造形速度は50ccとされていますが、今回発売された金属3Dプリンターはなんと250cc!!造形範囲こそ250mm×250mmですが能力的に見れば5倍の能力が見込まれます。5倍の能力で9800万円は非常に価値がある。

ビームを採用し6000wの高出力で、汎用性も考慮した設計で、電子ビームの出力や走査速度、ビーム径といった造形時のパラメーター設定の自由度が向上し更に付加価値が高い機種となっている。

まさに欲しかった全てが実現されている金属3Dプリンターと言える。

省スペースで高効率に金属造形をするならまさにこの3Dプリンターが最適と言える。

様々な分野での活躍が期待される。

 

金属3Dプリンターの造形配置の基礎

金属3Dプリンターの造形範囲はどのメーカーのものでも□250mmが多いのですが、その中に納めることがきれば全く異なる形状が入っていても同時に造形をすることが出来ます。

たとえば・・

造形この写真のように色々な形状のものが入っていても同時に造形できてしまうので入るだけ入れてしまった方がコストが安く済みます。

しかし・・思ってるように入れることが出来ないのが金属3Dプリンターなのです。

その理由は粉を敷きつめるリコーターといわれる部分の摩擦係数の問題です。 “金属3Dプリンターの造形配置の基礎” の続きを読む

3Dプリンターでガラス製品まで作れるようになった??

ドイツの某大学でガラスの3Dプリンターの開発に成功した模様。

色々な物が3Dプリンターで作れるようになって行くんですね。先日の展示会ではセラミックの3Dプリンターが出ていました。

考え方としてはまだまだ注目の技術で今その利用拡大に向けて材質を増やしたり、課題を克服したりという研究が盛んに行われているのでしょう。

金属の3Dプリンターも同様、金属の材質を増やして行ければ更に使い道・・マーケットが広がりを見せるだろうと予測していますし、機械メーカーの方では造形範囲の拡大が要求されているのだと感じます。

さて、海外では金属3Dプリンター造形サービスは既にビジネスとして成り立っていますし仕事もたくさんあるようですが、日本ではなぜこんなに普及して行かないのでしょう。

まず第一前提にあげられるのが、「保守的」という事です。これは日本人特有なものだと思いますし、その立場にいれば間違いなくそうなってしまう風土?歴史があるのでしょう。

海外はまずはやってみようというチャレンジ精神が旺盛な上に投資できるお金も持っています。またお金がなくとも国が補助してくれたりとベンチャーには有り難い制度も充実していると聞きますので新しい技術を積極的に使おうという意識が芽生えてくるのかもしれませんね。

もう1つ大きな要因としては、日本人の技術力の高さです。機械加工、鋳造、金型・・どれをとっても世界に負けないトップ水準でいて、さらに職人さんのノウハウが伝統的に受け継がれてきています。

日本の工作機械や、電化製品、車なども世界で信頼されるブランディングを築きあげてこれたのも職人さんのおかげだと私も思います。

しかし・・ドイツでは「メルセデスベンツ」「BMW」といった世界最高水準のブランド力が定着し、F!などのレースでも素晴らしい結果をもたらしています。

日本とはまた違う手法や発想を用いて世界最高水準を手にしているのです。

その1つが金属3Dプリンターになっている事は言うまでもありません。今まで無かった発想で自動車や航空機部品を作ることを実施しているのです。

全てが日本に当てはまる訳ではないので欧米と同じように進行する事は出来ませんが、新しい技術を柔軟に対応し活用して行くのも大事になってくる時代なのかもしれないですね。

日本の技術と、金属3Dプリンターを融合させて新たなモノづくりができればまた違う発想がわいてくるのではないかと期待しています。