電子ビームを用いた金属3Dプリンタ 三菱電機

三菱電機は2019年9月2日、熱源に電子ビームを用いた金属3Dプリン「EZ300」を発売した。希望小売価格は9800万円。年間10台の販売を目指す。業界最高の加工速度毎時250 ccと独自の棒状陰極の採用による業界最長の加熱寿命1,000時間を実現し、金属3Dプリンターに革命を起こす。

脅威の造形速度250cc

現状のレーザー式粉末積層造形の造形速度は50ccとされていますが、今回発売された金属3Dプリンターはなんと250cc!!造形範囲こそ250mm×250mmですが能力的に見れば5倍の能力が見込まれます。5倍の能力で9800万円は非常に価値がある。

ビームを採用し6000wの高出力で、汎用性も考慮した設計で、電子ビームの出力や走査速度、ビーム径といった造形時のパラメーター設定の自由度が向上し更に付加価値が高い機種となっている。

まさに欲しかった全てが実現されている金属3Dプリンターと言える。

省スペースで高効率に金属造形をするならまさにこの3Dプリンターが最適と言える。

様々な分野での活躍が期待される。

 

ネットで3Dプリンター

3Dプリンターの話題が急にマスコミで取り上げられて「すげ〜」って思ったのは僅か3年前。3年も経つと一通りの人が「3Dプリンター」という言葉は知っているみたいですね。一昨年はマスコミ率が非常に高く、テレビ、新聞などでもたくさん取り上げられていました。中でも印象に残ったのが・・これ http://news.yahoo.co.jp/pickup/6116034

3Dプリンターで殺傷能力のある拳銃を製造したという事大学の職員が逮捕されました。2年の実刑という事です。とにかく3Dプリンター旋風が巻き起こり家電量販店にも3Dプリンターは並び本当に「一世風靡」という言葉がぴったりでした。街には3Dプリンター屋さんがオープン!ペットの写真から造形、結婚式のお二人を造形などなど・・

あれから3年。多くの3Dプリンター屋さんは無くなってしまいましたが、今やネットでも3Dプリンターが販売されている時代ですから着実に3Dプリンターは広がり、エンジニアも育ってくるのだと思います。

3Dプリンターにしか出来ない形状。3Dプリンターで造形した方が良い場合など今後使い方がさらに模索され、住み分けされていくのかもしれません。

低価格化で精密な造形物が出来上がる3Dプリンターが今後もどんどんリリースされてきます。もう始まっていますが、各社、各部署が3Dプリンターを持つ時代ですね!

http://item.rakuten.co.jp/aruyan/y01t1602528a/(楽天3Dプリンター)

13.42.00

いよいよ始動?日の丸金属3Dプリンター

今日のニュースで来年度から日の丸金属3Dプリンター発売のニュースが出ていました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160613-00010005-newswitch-ind

いよいよ来ましたね!! 造形スピードも弊社使用EOS機と比べても2.5倍から3倍の能力です。しかも価格は半額!! これはすごいです。

まだ課題解決が・・と聞いておりましたがある程度クリアされてきたのだと思います。

いよいよ来年度から日本の金属3Dプリンタープロジェクトが動くという事ですね!これでまた金属3Dプリンターの認知度が上がってくると思います。

さて。。。金属3Dプリンターと一言で申しますと簡単ですが、方式は様々です。以前からお伝えしている通り作りたいもの・・やりたいことによって選ぶ事をお勧め致します。

金型に特化したお考えなら、「松浦機械製作所」や「Sodick」が向いていますし、細かい再現性を求めたいなら「3D Systems」、チタン系に特化したいなら「Arcam」などプリンターメーカー様によってコンセプトも様々です。来年度販売される金属3Dプリンターがどのカテゴリーで一番効果が高いのかはまだわかりませんが、近々詳細も明らかになってくる物と思われます。

最後に、金属3Dプリンターで一番大事な事・・それは金属の密度、強度になってきます。その再現性は各社違いますのでしっかり調査するべき項目として置いて下さい。

100