250mm角以内のアルミニウム試作ならお任せください

金属3Dプリンターでアルミニウムを造形できることはあまり知られていません。

自動車関連や航空機関連でもアルミニウムの試作で納期に困っている企業様は多いと思います。

エンジン部品であったり、配管部品であったり、すぐに欲しくとも金型製作期間があったり、たくさんの工程が必要だったり様々な理由でお困りごとがあると聞いております。 “250mm角以内のアルミニウム試作ならお任せください” の続きを読む

金属3Dプリンタで迅速な試作

金属3Dプリンターでの試作品は年々増えております。

それは迅速な試作品を手に入れることができるからです。どの業界でも試作品の短納期化は進んでおり、通常工法では追い付かない場合に金属3Dプリンターを活用してくださります。

それでもまだ日本国内のお客様は金属3Dプリンターの技術を知らない人、または毛嫌いする人も多くそのマーケットの成長率はとてつもなく遅いです。 “金属3Dプリンタで迅速な試作” の続きを読む

金属3Dプリンターで試作 自動車鋳造部品

金属3Dプリンターを使用して自動車鋳造部品の試作は珍しくなくなりました。

以前は試作型を製作し作成していたと思いますが、1個から作れてしまうのが金属3Dプリンターのメリットになります。

形状を見るだけなら樹脂の3Dプリンターでいいとは思いますが、熱がかかる・・強度も必要となりますとやはり金属3Dプリンターの出番です。

強度についての皆様の不安はあるかとは思いますが、実際使用されており通常の鋳造品よりも密度が高く強度も高く作れますのでご安心いただければと思います。

しかし、やはり疲労強度についてはまだまだ改善が必要になる場合もありますが、試作品という内容であれば疲労強度も満足できます。

自動車関連、電機関連などで使用するようなアルミケースなども試作できます。

造形サイズは250mm×250mm×250mmになりますので、このサイズを超えるもにになりますと造形できませんのでご注意ください。

いつもながらお客様の商品を掲載できませんので、なんとなくよく似たサンプル品を掲載させていただきますので、イメージを掴んでいただければと思います。

材料の強度、組成等はマテリアルデーターシートにてご確認いただければと思います。

アルミニウム造形は2台の金属3Dプリンターを使用しますので同時2バッチでも対応できますのでお気軽にお問い合わせください。

金属3Dプリンター鋳造アルミニウム

金属3Dプリンター造形試作の納期

金属3Dプリンター造形の需要としては試作品が圧倒的に多く入ってきます。

納期短縮に効果が大きいということを理解して頂いているからだと思いますが、新規のお客様にはその納期がどれほど早いのかは中々知られていないのが現状です。

考え方は色々あるのですが、単品で複雑構造を作るのにも大きな効果があるのですが、簡単な構造でも製品の大きさによっては大きな効果を出せる物もあります。

というのも、小さな部品であれば造形範囲の中にいくつも並べる事ができます。その1つ1つは形状が違っていても問題はありません。

金属粉末積層には粉を敷き詰める(リコーティング)という動作がありますが、これは1個造形でも3個造形でも同じ時間が必要となります。だとすれば造形範囲の中にいくつも並べた方がいいという事になります。

このようにサイズによって、形状に寄って既存工法よりも早く安くできる物が多くあるということをまず知って頂ければ思います。

納期間に関しては最短で3日。通常は1週間程度になります。

しかし、大きな物は造形時間もかかります。場合に寄っては200時間を超える造形品もあり、納期短くならないじゃんか〜 とおっしゃるお客様もいるかとは思いますが、トータルで考えて頂ければ良いかと思います。

通常、試作品を製作する場合には鋼材を購入しそこから削りだしして・・場合に寄っては金型を製作して1つの物を作りますが金属3Dプリンターでは金型を作る事無くダイレクトに製品を作る事が出来ます。鋼材の納期で製品が出来上がってしまう場合もあるのです。このように全体から見た納期を考えてみるとびっくりする速度で納品できる場合がありますので、試作品の短納期化を目指されているお客様はリピートして頂けます。

とは言いつつも既存工法のほうが良い場合もある訳ですが、弊社では既存工法でも対応させて頂いております。

今回は造形で。。。今回は既存工法で・・というメリットの高い方を選んでいただけますので、トータルとしてご依頼して頂けるようになっております。

3Dプリンターモノづくり進む?(海外)

先日の日刊工業新聞に3Dプリンターの高性能化の記事が載っていました。(内容は新聞を読んで下さい)

今現状での3Dプリンターの問題点は量産が出来ない事。試作品作りには効果を上げているのですがモノづくりに至っていません。

この現象は金属の3Dプリンターでも同じ事でして、今の設備(3Dプリンター)で量産対応はとてもとても無理な状況です。

しかし、その現状を打破するにはまずは造形のスピードを向上させ、それでいて精度を向上させる必要があります。

金属3Dプリンターの日本プロジェクトでもこの内容は盛り込まれています。

しかし、設備が高ければ結局コストに跳ね返ってしまうので安い設備で・・ということが前提条件になります。

まだ暫くこの課題は残ったままになるかと思いますが、モノづくりに3Dプリンターを使って行こうとする海外の勢いは留まる事はありません。

以前から日本は取り残されるようにこの分野について遅れていると言っていますが、今からでも追いつけるだけの技術や頭脳を持っています。

海外が量産に向けた取り組みをしているのですから、日本も遅れる事無く量産への考え方を育てるべきだと思います。(するかしないかは別の話)

出来ない事を先に理由として並べるのではなく、出来るような仕組みづくり、または枠組み作りから考え、現段階ではここまで出来るということから成長させて頂きたいと考えます。

弊社では新たな金属の開発、または難しい形状の造形テストなど様々な事にトライし続けています。

是非皆様とともに日本での3Dプリンターでモノづくりを考えて行きたいと思います。

 

金属3Dプリンター、最短納期の試作需要増す

金属3Dプリンターでの試作メリットがお客様に理解され始め最短納期の試作需要が増加しています。金型を製作せずにダイレクトに形状作成ができるのはやはり大きなメリットになっているのです。

殆どのお客様が「リピート」を選択して頂いており、ますます需要拡大の様相です。(形状は毎回違います)

しかし、ある会合での皆様のお話を聞いていると国内における金属3Dプリンター販売台数は減速し始めているとの事ですが、私たちのお客様の中には設備検討してみえる方も多く一段落といった表現のが良いのかもしれません。

積み上げ方式の金属3Dプリンター保有(販売)台数の予測をある方から見せて頂きましたが、世界的に見るとかなり増えていて今後も伸び続けると予測されています。

特に販売台数を伸ばす予想をされているのが、弊社で使用しているような金属パウダーベット方式です。まだまだ技術的に伸び代のある分野ですので今後にも大きく期待するところです。

さて、このように試作需要が伸びている一方で、金型冷却もようやく皆様に認識されはじめ依頼が増えてきています。樹脂金型、ダイカスト金型では3次元水管を配置した構造を綿密に打ち合わせさせて頂き大きな効果を確認して頂いております。

これも3次元水管という付加価値だけでなく、最短納期を実現しています。

金属3Dプリンターの最大の付加価値は最短納期である。

これは日本にしか当てはまらない言葉になるかと思いますが、現実としてそのような解釈・・または受注が増えています。

本来の金属3Dプリンターの可能性からすると30%位しか発揮していませんが、これから軽量化や一体化というキーワードも皆様にご理解して頂けるよう伝えて行きたいと思います。

 

金属3Dプリンター試作支援サービス

金属3Dプリンターを使った試作要望が増えています。その理由は納期の早さ。

開発から手元に来るまでに期間を圧倒的に短縮し開発期間の短縮になるからです。もちろん金属なので機械的特性が必要な箇所で使って頂く事になります。

ただ、現状の金属加工で出来るものについては加工先を探した方が安く済むと思います。金型が必要な鋳造品であったり、複雑構造で納期が長くかかりそうな物には金属3Dプリンターが役に立ちます。

金属加工の場合は削れば削るほど時間もお金もかかりますが、金属3Dプリンターの場合は複雑であればあるほど安くなる特性を持っています。

それらを踏まえ弊社では金属3Dプリンターを使用した試作支援サービスを行っています。

納期がないもの・・複雑構造で時間がかかる物等まずはお気軽にご相談下さい。

S__8323075

金属3Dプリンターの治療用部材の試作と展望

きたる11月17日。

名古屋市吹上ホールにて展示会が開催されますが、その中で「金属3Dプリンターの治療用部材の試作と展望」についてお話をさせて頂く事になりました。

今弊社ではカスタムメイド人工股関節の開発に取り組んでおりますが、その中でのお話になりますが今後医療機器産業をしたい企業様等参考になればと思い引き受けさせて頂きました。

金属3Dプリンターで量産ということは出来ない変わりに、個別化、一品一様製品にはもっぱら強い設備になります。

今後期待されるカスタムメイド人工股関節などには本当に向いています。

それらの話も踏まえて金属3Dプリンターのメリットまたはデメリットなどもお話しできたらと思います。

ヨーロッパでは既に金属3Dプリンターを活用した医療機器製造が始まっています。

是非たくさんの皆様に現状と今後を知って頂きたいと願っております。

たくさんのご来場お待ちしております。

%e9%87%91%e5%b1%9e%ef%bc%93d%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e5%8c%bb%e7%99%82

金属3Dプリンターでの試作支援

株式会社J・3DでCADモデルからすぐに金属で立体造形できる技術で試作支援をさせて頂いております。通常、試作であっても金型が必要であったり、切削でも時間がかかる事が何度かあったかと思います。

グローバル社会では試作開発も世界レベルなので「より早く」開発プロセスを進行できた方が優位に立ちます。弊社ではそんな企業様の援護射撃が出来るよう金属3Dプリンターを4台保有し、試作開発のスピードアップの一端を担っていきたいと考えております。

金属3Dプリンターでは納期短縮、軽量化、一体化構造などの試作に必要な条件を兼ね備えています。また、より多くの実績を積み、その造形ノウハウはどこにも負けません。造形できる金属材料は、マルエージング鋼、インコネル718、チタン64、アルミニウムの4種類と、協力会社様でSUS316L SUS630 が造形できます。

自動車産業、航空機産業、食品産業、医療機器産業など多くの分野でご利用頂いております。

試作支援で多くのお客様にメリットを感じて頂き、開発サイクルの向上と新製品に向けてのアイディアを形にするのが私たちの喜びですので、どうぞ皆様の「わがまま」をぶつけてみて下さい。

スクリーンショット 2015-05-21 13.26.56

驚愕!3Dプリンターで金属加工

金属加工には切削、鋳造といった方法が多く用いられますが、最近では3Dプリンターで金属加工できるということ・・知っていましたか?

3Dプリンターの技術は日々進歩し、試作からついに製品にまでなりうる金属を作れるようになっています。

しかし、3Dプリンターは切削加工屋さんや鋳造屋さんの敵ではありません。よくそのような誤解を受けますが、工法が違う以上別のジャンルとして捉えて頂いた方が良いかもしれません。

3Dプリンターの強みは今まで出来なかった形状を作る事ができる。または、金型無しで試作品を作る等が主な使用方法になりますので金型が無くなるとか・・切削の仕事が薄くなるなんていうことは全くありません。

3Dプリンターで金属加工をするメリットのある場合のみが、使われるだけです。

確かに3Dプリンターで金属加工ができるなんて驚きではありますが、日本の加工技術には到底追いつけないのです。

しかし、この工法が出来た事によって試作開発が早くなったり、あるいは、コスト低減できたりといいことも多いのがこの技術です。

樹脂金型分野では、弊社お客様のサイクルタイムが軒並み半分になり、歪みも少なくなったとか嬉しいニュースもいっぱい。

試作開発分野では型費が無くなった。など驚きの声も届いています。

とはいいつつ、全ての項目に当てはまる訳ではありません。出来ない事も多いのがこの3Dプリンター技術なのです。

IMG_1175