一長一短の金属3Dプリンターの秘密

展示会でもセミナーでも工場見学にいらしたお客様でも必ずと言って質問されるのは、どこの金属3Dプリンターがいいですか?? というお話です。

弊社はEOSを使用していることをわかっていながらの質問なので、たじろいでしまいますが必ずこう答えるようにしています。「一長一短」です。

実は昨日も工場にいらしたお客様と色々な話をしている中で、同じ話をされました。

某メーカーの金属3Dプリンターはこうでした・・あっちはこうでした・・

様々な情報も頂けたわけですが、やっぱり一長一短でしたね。

結局何がしたいかにより、金属3Dプリンターは変わってくるのだと思います。

お客様のニーズは様々で、細かいものを作りたい企業様もみえれば、大きいものを作りたい企業様もみえますし、再現性重視の企業様もみえれば違う企業様もみえます。

展示会のサンプル品を手にして、結構綺麗にできるね〜って言っていただけるお客様もみえれば、まだまだだね〜とも言われます。

色々なニーズがありますので1つのメーカー金属3Dプリンターでは対応しきれないこともあるのです。

金属3Dプリンターのメーカー毎の秘密まではお客様も知らされていないことがほとんどなので、展示会やセミナー、または工場見学などで情報を集めていらっしゃるのだと思っています。

是非、色々な金属3Dプリンターセミナーや展示会、または工場見学に足を運んで頂き、目で、耳で、そして触って感じて頂ければと思います。

 

金属3Dプリンターへの期待が高度化へ

展示会や講演&セミナーなどで各方面のお客様とお話しする機会が多いのですが、当初の金属3Dプリンターへの関心事項からより量産イメージの関心ごとが多く出てきている事と認識しております。

以前は形が出来ているだけでも拍手喝采を浴びたものでしたが、現在は形だけでなく精度、再現性、強度、そして量産化への対応の質問が多く飛び交うようになりました。

当然の事だとは思います。

そこで「松浦機械製作所」様や「Sodick」様の様な切削加工付きの金属3Dプリンターが出てきているのだと思いますが、問題はそこではない気がしています。

レーザーやビームで金属粉末を溶かして行く方法では残留応力という歪む力が生まれてしまいますので、これをいかに抑え込めるか・・または除去できるかにかかっているのだと思います。

実際、どの金属3Dプリンターを使用しても全く歪みがない造形物は出来上がりません。ここが大きな問題となるのでこれを改善して行く必要があるのだと思います。

しかし、設備だけにそれを求めて行くのは間違いで、造形物を取り出してからの熱処理条件などでの改善も平行して行って行く必要があるのです。

最近では造形前に歪みを予測するソフト等も出ていますので、より歪みにくい造形姿勢や形状提案なども出来て行くと高度化への期待も少しは前に進んで行くのだと思います。

少なくとも、今後金属3Dプリンターを購入し始めてみようと思う方は、金属3Dプリンターのノウハウと、熱処理のノウハウふたつを習得する必要が出てきますので参考にして頂けると良いかと思います。

金属3Dプリンター造形品の表面

金属3Dプリンターで製作した金属は大丈夫なのか? 展示会に行っても講演に行っても必ず聞かれる質問です。

基本的な機械的強度については全く問題ありませんが1皮めくらなければ精度は満足して頂けませんし表面に関しても納得頂けないと思います。

1皮めくるというのはマシニングで加工するということです。まだまだ金属造形そのものの表面品質はそのまま使える物ではありません。

しかし、表面を1皮めくるだけでしっかりとした金属になっている事が確認できます。

弊社では金属表面観察の設備も整えております。(200倍〜1000倍)

造形品の表面品質を確認し内部密度を定期観察する事により安定した金属の提供を心がけております。

金属造形の不安定さを人間の目で確認する事は非常に大事な事で肉眼では確認できない事がたくさん見えてきます。

同時に金属粉末の形状、大きさ、不純物なども検査する事により粉末の管理にも大きく貢献でき、品質の安定につながります。

金属3Dプリンターはただボタンをおして「じ〜」と待っている機械ではありません。色々な事を管理し色々な事に気を使うものなんです。

是非ご参考になれば。。

%e9%87%91%e5%b1%9e%e9%80%a0%e5%bd%a2%e8%a1%a8%e9%9d%a2%ef%bc%88%e5%81%b4%e9%9d%a2%ef%bc%89

 

金属3Dプリンターへの関心度の高さがすごい!

先日、京都府産業支援センター様のご依頼で「金属3Dプリンター」の講演をさせて頂きました。弊社だけではなく「DMG森精機」様の講演もありたくさんの方々にお集まり頂きました。皆様講演の後の質問が的確で、かなり詳しいご様子でした。それでも最新の事例や、最新の設備の情報を聞こうという姿勢が素晴らしかったです。

金属3Dプリンターへの関心度の高さは弊社のホームページの来訪地域を見てもわかります。この1ヶ月で大阪、京都がダントツです。今年は大阪で「金型展」もあり、金属3Dプリンターの話題が少し多く広まったのもあるのかもしれませんが、全国で関西地域の関心度が1位というのはすごいです。

さて、先日の講演では金属3Dプリンター全般のお話や、失敗事例から現在の事例まで幅広くお話をさせて頂きましたが、1時間という短い時間の中で皆様に全てをお伝えできなかったです。それが私自身一番悔しくてなりませんが、またの機会がありましたらもう少しお時間を頂いておこうと思います。

弊社では「金属3Dプリンター」の講演、セミナーなどは随時受けております。まずは金属3Dプリンターの正しい知識を知る事が大事です。その上でまた「金属3Dプリンター中級編」などでもっと詳しいお話をさせて頂ければと思います。弊社もまだ3年しかこの金属3Dプリンターにたずさわっていませんが、苦労した事、成功した事等たくさんの経験を積んできました。それらの経験をお話するのが私たちの努めであるとも思っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

S__8249668

 

金属3Dプリンター工場の環境について

金属3Dプリンターを設置する環境に付いてご質問を受けるケースが多くなっております。

工場見学に中々来られないお客様の為に本日は金属3Dプリンター造形工場の解説をさせて頂きます。

温度環境

金属3Dプリンターは温度環境においてはシビアな機械だと思っております。機械の重量もそんなに重くないですし一旦機械の変形がおこると造形物の精度にも影響を及ぼします。出来る事なら温度環境は一定にすることが望ましいと思います。弊社では365日23℃という設定下に機械を置いてあります。

湿度環境

温度に続いて湿度にも強く影響されるのが金属3Dプリンターです。弊社でも造形ルーム湿度は35%以内になる様にコントロールしております。たまにですがマシニング等の機械同様に工場に設置して造形している会社様もありますが、夏場になると湿度が急上昇し金属粉末に入り込み巣を作る原因になったり錆の原因になったりします。弊社ではその他に金属粉末の管理は湿度管理庫の中にいれ10%以下にコントロールしております。金属粉末の中に湿度が入り込むと簡単には除去できませんので、入る前の管理が大事になります。

振動管理

工場内に大きく振動する設備が近くにあると金属粉末が跳ねたり、均一に粉末を敷く事が出来ないかもしれません。大きな振動からはなるべく遠ざけ、基礎は縁を切るような工法にした方が良いと思います。0.03mm〜0.05mmしか金属粉末を撒かないので繊細に考えた方が良いでしょう。

機密管理

金属3Dプリンターで作る製品は機密事項にあふれています。自社で使う際もきっちり管理したいものです。データー管理はあたりまえですが工場内の管理も大切です。昨年3Dプリンターで拳銃を製作した事例もありましたよね。弊社も工場に入る際はSECOMカードが必要になりますし、工場内に入ると監視カメラで撮影が始まるくらい徹底しております。データーの流出、または危険物の作成など十分な管理をしたほうが良いでしょう。

またネット環境等もしっかり整えておかないと機密が漏れてします事もあります。重要なデーターが保存されてるPCはオフラインにするなども1つの手として使う必要がありますね。

工場内清掃

金属3Dプリンターで使用する金属粉末はひじょうに細かい粒径を使用しております。作業中に粉が舞ったりこぼれたりする事は日常茶飯事です。工場内は常に掃除をしておく必要があります。それは人体に影響する場合の事と、防爆という観点から必ず実施する項目です。工場内の隅等に金属粉末が溜まり、何らかの拍子に爆発してしまう事だってあります。こまめな清掃も金属3Dプリンターを使用する場合には必要です。

防火設備

先ほどもお話したように、防爆に関しての管理は重要です。万が一火災があり間違えて水をかけたりしますと逆に危険になります。防爆教育を受ける事は当然ですが、金属用消化器等の設置もしなくてはいけません。

 

以上注意しなければならない箇所を書いてみました。ただ単に金属3Dプリンターを買えばいいという訳ではなく設置環境や教育等についてもしっかりやらなくてはいけません。コンプライアンスを守りながら金属3Dプリンター造形をしたいですよね。データーの流出等はあとで大きな事になります。海外への図面送付などは絶対にやめた方が良いでしょう。

IMG_1928

1個だけの金属3Dプリントは可能ですか?

「金属造形をお願いしたいのですが、1個だけでも可能ですか??」と電話やメールで質問を受ける事が多いですが・・・

もちろんです!!!

金属3Dプリンターは1個でも出来るから嬉しいんです。いや・・・むしろ1個のほうがいいのかもしれません。

素早く完成できる強みと、図面はないが部品はあるなどを解決するスキャニング。

金属3Dプリンターってそういう意味では魔法の箱かもしれませんね。

逆に量産になりますと・・・これが全く歯が立たない・・今までの工法の方がよほど安く早く出来上がります。

見積り比較や納期比較して頂ければ良いかと思います。

弊社では1個だけでも金属3Dプリントをさせて頂きます。

IMG_1417

金属3Dプリンターの加工精度は?

お客様から1番聞かれるご質問は加工精度の事です。金属3Dプリンターではどこまで精度が出せるのですか???という内容です。

実際小さいものですと殆ど0で出来上がりますし、少し大きくても±0.05、それ以上の大きさになると収縮率とうのこともあり形状によって変わります。

しかし、例え加工高精度が「0」であったとしても、金属造形のままで使用できる事は少ないと思います。その理由が面粗度です。

横面には積層目が・・上方向にはレーザー目が残りますので少なからず軽い仕上加工が必要となります。

取り代はもちろん少なくて済むので加工時間はさほどかかりませんが・・今現状の金属3Dプリンターではそこまでが限界です。

今後も例えか高精度が向上したとしてもきっと同じ事でしょう。

ただし。。日本の工作機械メーカーでは金属3Dプリンター+ミーリング加工といったハイブリッド工法が主流になっています。

金属造形の面肌を加工によって奇麗に仕上げてくれるのでそのまま使える場合もあるかもしれません。

IMG_1319

 

金属3Dプリンターへの驚きの質問

最近変な現象がおきています。

金属3Dプリンターお使いの企業様から質問が来るようになりました・・・・なぜに????と思ってしまいましたが

悩みは実に切実でした。

金属3Dプリンターを購入して色々なものを造型してみたのでしょうが、問題が解決されないみたいです。

メーカー?代理店に聞いても回答はなし・・だから無理を承知でお電話しましたという感じです。

どうしてこのような事態になってしまうのか・・・それは1つに金属3Dプリンターを教える人がいないからですね。

メーカーや代理店は基礎的な部分は教えて頂けますが、あとは頑張って下さいっていうスタイルが殆どですから初めて使うユーザーとしては非常に困惑します。

マシニングなどの完成された技術なら教える人はたくさんいますが、金属3Dプリンターではそうはいきません。

サポート材の付け方や取り方も教えてはもらえません。

今、日本中でこのような現象が起きています。

しかし、同じ機種ならともかく・・違う機種に関してはお応えできません。

が、私たちの知りうる範囲の事だけはお話させて頂きます。

IMG_1116