日本初の「カスタムメイド人工股関節」の開発開始

株式会社J・3Dでは以前から名古屋市立大学病院と「カスタムメイド人工股関節」の開発におけるコンソーシアムを組んできました。内容が固まってきた事と、実現できる可能性が高まった事から日本初の「カスタムメイド人工股関節」を共同開発する事になりました。

人工股関節の置換術は急速な患者の増加に伴い、患者個々の骨格・症状に合わせたカスタムメイド人工股関節の開発が求められてきました。株式会社J・3Dでは金属3Dプリンター技術とX線CT技術を融合させ、患者個々のカスタムメイド人工股関節の試作に成功した。

人工股関節人工股関節は超高齢化の影響から身体機能を補う為に必要不可欠なものとなりつつある。しかし、医療現場では既存工法で作られた人工股関節を患者の症例ごとに工夫しながら装着する為、術時間が長くなったり場合によって再置換が必要な場合もある。それらの技術的課題を解決したカスタムメイド人工股関節は、追加の補強部材の必要性がなく、その材料との位置関係や相互の干渉を考慮することなく強固な固定が得られる。

人工股関節の置換術は、全国で10万例以上実施されており、その内愛知県は全国の6%の市場で6000例の置換術がされている。これらの人工股関節の90%は輸入に依存しており、国内の産業としての確立も高い事、また、経済産業省より積層造形医療機器開発ガイドラインが2015年に発信された事が追い風となり自信が出来た。

金属3Dプリンタ(積層造形機)では単工程で一体化の人工股関節を造形することができ、これによる製造過程の大幅な時間短縮が可能となり、患者さんの病態に応じたカスタムメイド人工股関節が迅速に提供できるようになる。

今後は名古屋市立大学病院と最適な人工股関節を症例ごとに開発、試作造形を繰り返し、課題である強度試験などを実施し、確かなカスタムメイド人工股関節が提供できる体制を構築する。これらの開発が成功すれば人工骨など整形外科領域の幅広い分野で応用でき、患者の個別化医療に応える第一歩になる。

米3D SYSTEMS製?金属粉末焼結3Dプリンタ「ProX DMP 320」の販売開始

キャノンマーケティングジャパンが米3D SYSTEMS製の金属粉末焼結3Dプリンタの新しいモデルとなる「ProX DMP 320」の販売を開始しました。

話によるとベルギーの金属3Dプリンター(LayerWise社)を買収??と聞きました。酸素濃度が低くチタンやアルミ造形等に適しているそうです。

ところが・・現在では設備を日本で見る事はできません。ベルギーに行けばご案内して頂けるそうです。ついでにフランスのPHENIX SYSTEMSにも来てくれとの事でしたが・・

どのみち先日ドイツの金属3Dプリンター技術がいかに進んでいるのかを目の当たりにしました。おそらくベルギーも同等に進んでいる事でしょう。

現地視察できる企業様のアテントもお願いしながら、ベルギー、フランス、ドイツを視察するのが良いのかもしれません。

ちなみに・・

ベルギーでの見どころはマテリアライズ社、LayerWise社。

フランスではPHENIX SYSTEMS社

ドイツではEOS社、SLM Solution社、ConceptLaser社。そのた造形している企業様等です。

しっかり勉強しようと思えば2週間コースですかね??

日本で見るのも大事ですが・・・現地視察を交えてみた方が絶対いいと思います。

IMG_1161

 

 

金属3Dプリンターの小型機「EOS M 100」を販売開始

株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ(本社:東京都大田区、代表取締役社長:木下 篤、以下NDES)は、日本国内総代理店として取り扱っている、独EOS社製ハイエンド3Dプリンターの製品群に、形状再現性と操作性に優れたコンパクトな金属粉末積層造形システム※注1「EOS M 100」を追加し、販売を開始します。 http://www.nttd-es.co.jp/info/2016/0125_010587.html (株式会社NTTデーターエンジニアリングシステムズ)

いよいよ金属3Dプリンターの小型がEOSから発売されます。他社では小型機も既に販売されており望まれてリリースと言う事になります。

本来は弊社にもこのような小型機があるといいのですが、お客様が望まれているサイズが逆にもっと大きいものということがあり、どちらかというと今後リリース予定の大型機に注目してしまいます。

今回のこの小型機は造形サイズφ100となるようです。小物製品であれば問題なく造形できるはずです。が・・200Wという事もあるので造形速度については遅くなると思います。しかし、逆に細かい再現性が上がると思われます。 価格は3500万円という事ですが実際もう少し価格が安くなると良かったですね。

いきなり大きな金属3Dプリンターを購入するよりはリスクも少なくなるのでお試しするにはいいのかもしれません。

各メーカー色々な金属3Dプリンターがリリースされてきますね。最新情報をしっかり集め、造形品質やランニングコスト等も把握しておくと良いですね。

まだまだ発展途上の技術ですので目が離せないですよ!

2016_0125_am01