急激に進む金属3Dプリンターによる3D水管金型

金属3Dプリンターで作る3D水管金型

2金型展2018(2018年6月13日〜16日開催)以来、急激に金属3Dプリンターを使用した金型の関心度が高まっています。

樹脂金型をご使用のお客様が多いように感じますが、金型形状に合わせた3D水管の配置を希望されております。 “急激に進む金属3Dプリンターによる3D水管金型” の続きを読む

金属3Dプリンターへの期待が高度化へ

展示会や講演&セミナーなどで各方面のお客様とお話しする機会が多いのですが、当初の金属3Dプリンターへの関心事項からより量産イメージの関心ごとが多く出てきている事と認識しております。

以前は形が出来ているだけでも拍手喝采を浴びたものでしたが、現在は形だけでなく精度、再現性、強度、そして量産化への対応の質問が多く飛び交うようになりました。

当然の事だとは思います。

そこで「松浦機械製作所」様や「Sodick」様の様な切削加工付きの金属3Dプリンターが出てきているのだと思いますが、問題はそこではない気がしています。

レーザーやビームで金属粉末を溶かして行く方法では残留応力という歪む力が生まれてしまいますので、これをいかに抑え込めるか・・または除去できるかにかかっているのだと思います。

実際、どの金属3Dプリンターを使用しても全く歪みがない造形物は出来上がりません。ここが大きな問題となるのでこれを改善して行く必要があるのだと思います。

しかし、設備だけにそれを求めて行くのは間違いで、造形物を取り出してからの熱処理条件などでの改善も平行して行って行く必要があるのです。

最近では造形前に歪みを予測するソフト等も出ていますので、より歪みにくい造形姿勢や形状提案なども出来て行くと高度化への期待も少しは前に進んで行くのだと思います。

少なくとも、今後金属3Dプリンターを購入し始めてみようと思う方は、金属3Dプリンターのノウハウと、熱処理のノウハウふたつを習得する必要が出てきますので参考にして頂けると良いかと思います。

今後の金属3Dプリンター講演日程

金属3Dプリンターへの関心がより高くなり、弊社のホームページのアクセス率も日々更新をしております。

そんな中、連動してたくさんの講演依頼を受けました。全国の皆様に金属積層造形での日々の活動や失敗談などをお話しさせて頂ける機会がある事は大変嬉しい事です。

少しでも正しい知識を身につけて頂き、今後のモノづくりのお役に立てればと思っております。

今後の講演日程は以下のようになっております。

2016年12月8日 北海道立総合研究機構 

2016年12月15日 機械工学会講演

2016年12月20日 栃木産業技術センター

2016年12月21日 日本情報技術センター

2017年1月19日 三重県工業研究所

2017年1月27日 山口県産業技術センター

2017年3月8日 化学工学会

上記講演に参加して頂けるかたはそれぞれの担当窓口にお問い合わせ下さい。

金属積層造形の本当の力を知るチャンスになるかと思います。お誘い合わせの上ご来場下さい。

今こそ日本の金属3Dプリンターの結束が必要

このところ色々な情報が集まってきます。良い話も悪い話も入り交じっていますが、今最大の関心のあるニュースが届きました。

今後、日本の金属3Dプリンターマーケットに海外が進出してくるというお話です。

考えてみたら当たり前の話で、「EOS」も含めたくさんの海外メーカーの金属3Dプリンターが販売されていて、昨年の販売実績から見てもまるで日本に大きなマーケットがあるように写った事でしょう。

欧米では10台〜100台の金属3Dプリンターを保有する企業が(ビューロー)がいくつかあります。今現在それでお仕事をされている訳ですからビジネスモデルとして確立しています。しかも随分前からです。

弊社もそうですが、金属3Dプリンターを購入してから立ち上げまで多くの時間とお金が必要でした。いえ・・今もそれは進行中です。

それほど金属3Dプリンターでの造形は難しいという事なのです。

欧米では国の補助も十分にあったようで金属3Dプリンターを使いこなせるようになるまでに潤沢な資金を用意してくれていたようです。

そんな彼らが急激に購買台数を積み重ねる日本の市場を狙わない訳がありません。すぐにでもビジネスを始められるノウハウを持っています。

そんなニュースのある中、まだマーケットが確立していない金属3Dプリンター業界で結束もなしに海外勢と戦うのは非常に困難であると予想します。

今、弊社と協業、協力、情報交換していただける企業様は僅か5社。台数にして7台。

こんなちっぽけな組織では太刀打ちできないかもしれない。

今後の事も考え、5年先の事を皆様で話し合う必要がありそうです。

S__2039834

金属3Dプリンターに関心集まる

昨年も多くの展示会に参加し名刺交換をさせて頂きましたが、今年は何かが違います。

昨年は金属3Dプリンター造形を初めて知った人やただの興味でブースに寄って頂いたお客様が多かった気がしますが、今年は金属3Dプリンターでの仕事を依頼したいお客様が多い!

今ままで色々調べて、ここにきてそろそろやってみようかな?というお話を多く頂きました。

ハイプサイクルそういえばこんな表がある事を思い出しました。

昨年まではまだ金属3Dプリンターブームの真っただ中で噂先行で。金属3Dプリンターは何でも出来ると思われていた節がありますが、今年はそのブームから一歩さがりどんな事が出来るのか?また、どんな使い方をするべきか・・という真の使い道に付いて考えている気がします。

左の表の頂点は過ぎかなり下の方まで下がった位置に納まってきたと推測致します。

そこからはじわじわと上がるのですが、今はそのじわじわ上がる使い方を模索している時期なのだと思います。

私たちはその時期がいつ訪れてもいいように技術とアイテムを増やし、準備をするべきです。

今現状のお客様にも、そしてこれから金属3Dプリンターの使い道を考えるお客様にも提案できるお話を積みかさねます。

ちなみにドイツでは自動車部品も金属3Dプリンターで作るところまで進んでいます。

IMG_0127