電子ビームを用いた金属3Dプリンタ 三菱電機

三菱電機は2019年9月2日、熱源に電子ビームを用いた金属3Dプリン「EZ300」を発売した。希望小売価格は9800万円。年間10台の販売を目指す。業界最高の加工速度毎時250 ccと独自の棒状陰極の採用による業界最長の加熱寿命1,000時間を実現し、金属3Dプリンターに革命を起こす。

脅威の造形速度250cc

現状のレーザー式粉末積層造形の造形速度は50ccとされていますが、今回発売された金属3Dプリンターはなんと250cc!!造形範囲こそ250mm×250mmですが能力的に見れば5倍の能力が見込まれます。5倍の能力で9800万円は非常に価値がある。

ビームを採用し6000wの高出力で、汎用性も考慮した設計で、電子ビームの出力や走査速度、ビーム径といった造形時のパラメーター設定の自由度が向上し更に付加価値が高い機種となっている。

まさに欲しかった全てが実現されている金属3Dプリンターと言える。

省スペースで高効率に金属造形をするならまさにこの3Dプリンターが最適と言える。

様々な分野での活躍が期待される。

 

純チタン造形 金属3Dプリンターと圧延材機械的強度比較

株式会社J・3Dでは医療機器の開発に取り組んできました。当初は64チタンでの開発に取り組んできましたが、金属3Dプリンター(レーザー積層造形)で造形した64チタンは金属組織のでき方が、あまり好ましい状態ではなく(針状組織)延びが非常に小さいことがわかりました。

そこで弊社ではより人体適合性の高い「純チタン」に目を向けてテストをしてまいりました。 “純チタン造形 金属3Dプリンターと圧延材機械的強度比較” の続きを読む

スギノマシンも金属3Dプリンターに参入

工作機械メーカーのスギノマシンは11日、金属3Dプリンターを開発したと発表しました。切削加工のツーリングも備え、1台で造形から完成品として取り出すことが出来ます。2020年4月に発売を想定しています。

タービンブレードの損傷を修正や金型の修正などもできると書いてあることからレーザーメタルディポジション方式?なのかと推測している。 “スギノマシンも金属3Dプリンターに参入” の続きを読む

手遅れにならないうちに日本も積極的に行動に移す必要がある

手遅れにならないうちに日本も積極的に行動に移す必要がある

GEアディティブゼネラルマネージャーモハメッド・エテシャミ氏談

エテシャミ氏がこう話していてのはもう2年前。

あれから2年・・日本の金属3Dプリンター動向はどうなってのでしょうか?

私の独自調査によると金属3Dプリンターの販売台数は横ばいから少し落ちている状況。 “手遅れにならないうちに日本も積極的に行動に移す必要がある” の続きを読む

やはり金属3Dプリンターのレンズは肝だった

以前から講演やセミナーなどで皆様にはお話させて頂いておりましたが、金属3Dプリンターのレンズはやはり肝でした。

現象が確認できていなかったので、推測でお話させて頂いておりましたが、弊社内で現象が確認できたのでお話させて頂きます。

いつも通り金属3Dプリンターを使ってダイカスト金型を造形しておりました。 “やはり金属3Dプリンターのレンズは肝だった” の続きを読む

岐阜県工業会 10月11日に3Dプリンター講演会

【岐阜】岐阜県工業会は10月11日午後1時半から、関市の岐阜県産業技術総合センターで、生産技術研究会講演会「3Dプリンターの独創的な活用技術と今後の展開」を開催する。

(出典:中部経済新聞 https://www.chukei-news.co.jp/news/2019/09/14/OK0001909140401_04/

中部経済新聞様にもご紹介いただきましたが、来月11日午後1時から3Dプリンターの講演をさせて頂くことになっております。 “岐阜県工業会 10月11日に3Dプリンター講演会” の続きを読む

変化?金属3Dプリンターの情勢

金属3Dプリンターの造形事業は世間も企業もひと段落・・・ってところでしょうか?

あれほど世間を騒がし、展示会に出れば人の群れ。

金属3Dプリンター技術が産業構造を変えてしまうとまでささやかれてきましたが、それらの話も一周して金属3Dプリンターの力量を皆様が理解した。という雰囲気に包まれています。 “変化?金属3Dプリンターの情勢” の続きを読む

型技術者会議に参加

金属3Dプリンターも型技術者の一員

2019年6月24日 東京都大田区にて「型技術者会議に出席させて頂きました。

同日に名古屋でインターモールドが開催されておりましたので、来場者の人数を気にしておりましたが、全く心配はなくたくさんの方々が訪れておりました。

インターモールドは金型に関する展示会ですが、型技術者会議は論文を発表する場所になります。

あらゆる金型分野の発表があり、自動車関連の企業様が多数訪れておりました。 “型技術者会議に参加” の続きを読む

アルミニウム3Dプリンター受託造形サービス

金属3Dプリンターをご存知でしょうか??樹脂の3Dプリンターについては皆様よく知っていらっしゃるのですが、金属3Dプリンターがあることは実はあまり知られていません。

まずは金属3Dプリンターについて知っていただき、どんなことが出来て、どんな材質が可能なのか? そんなところから始めていきたいと思います。 “アルミニウム3Dプリンター受託造形サービス” の続きを読む

金属粉末材料により変わる積層ピッチ

金属3Dプリンターでは金属粉末材料により積層ピッチが異なります。

積層ピッチというのは、一層一層の積層厚みの事を指します。

メーカーによっても多少変わりますが、マルエージング鋼ですと一層0.04~0.05mmが一般的です。チタン64だと0.03mm、インコネルで0.04mm、SUS316Lだと0.02mmになります。 “金属粉末材料により変わる積層ピッチ” の続きを読む