中京地区の金属3Dプリンターサービスはココ

株式会社J・3Dは愛知県名古屋市に位置しております。中京地区の金属3Dプリンターと言えばココって言って頂けるようになりました。

今現在名古屋から出向いているサービス地域は、愛知県、滋賀県、三重県、岐阜県、静岡県、長野県、奈良県となっています。

もちろん全国でサービスをを受けれますが、頻繁に営業がお邪魔できる地域という意味です。 “中京地区の金属3Dプリンターサービスはココ” の続きを読む

金属3Dプリンターの積層厚み

金属3Dプリンターでは材質ごとによって積層厚み(ピッチ)が変わってきます。熱伝導性の問題です。

積層厚みが変われば、同じ形状であっても造形時間が変わってしまうのが金属3Dプリンターの特徴でもあります。

セミナー等でも積層厚みについてご質問されることがよくありますが、積層ピッチを変えればさらに奇麗なものが出来上がりますか?と言われますが・・ “金属3Dプリンターの積層厚み” の続きを読む

金属専門3Dプリンター受託造形サービス

金属3Dプリンター受託造形サービスを初めて早くも6年が経過致しました。1台から始まり今では4台に増え取引会社も毎月増え続けています。

何よりもノウハウを積み重ねてきたこの6年。失敗も多くありました。お客様に怒られました・・・しかし、色々な造形品と失敗から信頼される金属3Dプリンター受託造形サービスになりました。 “金属専門3Dプリンター受託造形サービス” の続きを読む

金属3Dプリンター工場見学&セミナーご案内(無料)

金属3Dプリンター工場見学&セミナーを開催したいと思います。

まだ準備が整っておりませんが、弊社内にセミナールームを開設致しました。金属3Dプリンターに興味のある皆様が気軽に寄れる会場にしたいと思っております。

サンプル品などの展示もさせて頂きますので、工場見学、サンプル品の確認、そして基礎的な勉強会といった感じで進めたいと思います。 “金属3Dプリンター工場見学&セミナーご案内(無料)” の続きを読む

金属3Dプリンターにおけるサポート材の苦労

樹脂と同様金属3Dプリンターにもサポート材が付きます。しかし、樹脂とは違い簡単に取れないのが金属3Dプリンターでの難点と言えます。

造型自体はそんなに難しい事ではないですが、サポート材の取り外しのやり方や時間はノウハウが必要になってきます。

うっかり削りすぎてしまえば製品に傷が入りますし、強力にむしり取れば製品が割れてしまう場合もあります。 “金属3Dプリンターにおけるサポート材の苦労” の続きを読む

知られていない金属3Dプリンターの危険性

IMG_1313粉塵爆発って聞いたことあるかと思います。

粉塵爆発とは、ある一定の濃度の可燃性の粉塵が大気などの気体中に浮遊した状態で、火花などにより引火して爆発を起こす現象です。

微細な粉塵は体積に対する表面積の占める割合が大きいので、空気中に十分な酸素が存在すれば、燃焼反応に敏感な状態になり、火気があれば爆発的に燃焼します。 “知られていない金属3Dプリンターの危険性” の続きを読む

金属3Dプリンターの関東エリアをカバーする

日本にはまだまだ少ない金属3Dプリンターの受託造形サービスですが、弊社では関東エリアもしっかりカバーしております。

関東エリアは東京都、神奈川県、千葉県、群馬県、栃木県、福島県、宮城県、埼玉県、新潟県、山形県、岩手県、秋田県となっております。

かなり広いですので、すぐにお邪魔させていただくことは無理ですが、メール、電話で細かな対応をさせていただきます。 “金属3Dプリンターの関東エリアをカバーする” の続きを読む

金属3Dプリンター造形品を磨く

金属3Dプリンターで造形をした金属は写真のように独特な色を放ち(マルエージング鋼)この金属の皮を剥くとどうなるのだろう??とふと疑問に感じてしまう方も多いかと思います。

金属3Dプリンターで作った金属も実は立派な金属でして・・

削っても磨いてもしっかり金属の質感が出てきます。

皆様の心配する積層の目のような跡は全く無くなってしまいます。 “金属3Dプリンター造形品を磨く” の続きを読む

金属3Dプリンターの造形配置の基礎

金属3Dプリンターの造形範囲はどのメーカーのものでも□250mmが多いのですが、その中に納めることがきれば全く異なる形状が入っていても同時に造形をすることが出来ます。

たとえば・・

造形この写真のように色々な形状のものが入っていても同時に造形できてしまうので入るだけ入れてしまった方がコストが安く済みます。

しかし・・思ってるように入れることが出来ないのが金属3Dプリンターなのです。

その理由は粉を敷きつめるリコーターといわれる部分の摩擦係数の問題です。 “金属3Dプリンターの造形配置の基礎” の続きを読む

樹脂金型に於ける金属3Dプリンターの進み具合

図1松浦機械製作所、Sodickなどの日本の工作機械メーカーが金属3Dプリンターに参入し樹脂金型専門の需要拡大を進めています。

金属3Dプリンターを使った3次元水管というものが世の中に認知されはじめているのもこのメーカー様のおかげです。

金属3Dプリンター技術の中でも1番技術完成度が高いといわれているのもこの3次元水管入りの金型だといわれています。 “樹脂金型に於ける金属3Dプリンターの進み具合” の続きを読む