中京地区の金属3Dプリンターサービスはココ

株式会社J・3Dは愛知県名古屋市に位置しております。中京地区の金属3Dプリンターと言えばココって言って頂けるようになりました。

今現在名古屋から出向いているサービス地域は、愛知県、滋賀県、三重県、岐阜県、静岡県、長野県、奈良県となっています。

もちろん全国でサービスをを受けれますが、頻繁に営業がお邪魔できる地域という意味です。 “中京地区の金属3Dプリンターサービスはココ” の続きを読む

金属専門3Dプリンター受託造形サービス

金属3Dプリンター受託造形サービスを初めて早くも6年が経過致しました。1台から始まり今では4台に増え取引会社も毎月増え続けています。

何よりもノウハウを積み重ねてきたこの6年。失敗も多くありました。お客様に怒られました・・・しかし、色々な造形品と失敗から信頼される金属3Dプリンター受託造形サービスになりました。 “金属専門3Dプリンター受託造形サービス” の続きを読む

金属3Dプリンターにおけるサポート材の苦労

樹脂と同様金属3Dプリンターにもサポート材が付きます。しかし、樹脂とは違い簡単に取れないのが金属3Dプリンターでの難点と言えます。

造型自体はそんなに難しい事ではないですが、サポート材の取り外しのやり方や時間はノウハウが必要になってきます。

うっかり削りすぎてしまえば製品に傷が入りますし、強力にむしり取れば製品が割れてしまう場合もあります。 “金属3Dプリンターにおけるサポート材の苦労” の続きを読む

知られていない金属3Dプリンターの危険性

IMG_1313粉塵爆発って聞いたことあるかと思います。

粉塵爆発とは、ある一定の濃度の可燃性の粉塵が大気などの気体中に浮遊した状態で、火花などにより引火して爆発を起こす現象です。

微細な粉塵は体積に対する表面積の占める割合が大きいので、空気中に十分な酸素が存在すれば、燃焼反応に敏感な状態になり、火気があれば爆発的に燃焼します。 “知られていない金属3Dプリンターの危険性” の続きを読む

金属3Dプリンター造形品を磨く

金属3Dプリンターで造形をした金属は写真のように独特な色を放ち(マルエージング鋼)この金属の皮を剥くとどうなるのだろう??とふと疑問に感じてしまう方も多いかと思います。

金属3Dプリンターで作った金属も実は立派な金属でして・・

削っても磨いてもしっかり金属の質感が出てきます。

皆様の心配する積層の目のような跡は全く無くなってしまいます。 “金属3Dプリンター造形品を磨く” の続きを読む

金属3Dプリンターの各材質のハイブリッド造形の境界面強度

弊社でお客様によIMG_0011く提案をさせて頂く工法でハイブリッド造形というものがあります。

この工法を使う事によって価格も安くなり効果も確認できるので敢えて提案させて頂いておりますがお客様の不安も容易に想像できます。

それは接着面(境界面)の強度は大丈夫ですか???という不安です。 “金属3Dプリンターの各材質のハイブリッド造形の境界面強度” の続きを読む

金属3Dプリンターで水分が引き金となる水素脆化が発生

金属3Dプリンターに限った話ではないですが、設備を使っていれば様々なトラブルがあるものです。

弊社でも金属3Dプリンター造形品にクラックが入る・・というトラブルが発生しました。

なぜ突然こんなことが起きてしまったか?

その原因が「水素脆化」というものでした。 “金属3Dプリンターで水分が引き金となる水素脆化が発生” の続きを読む

金属3Dプリンター造形+HIP処理しています

金属3Dプリンターで造形したものを更に確かな金属へする為に「HIP処理」というものがありますが、弊社でも協力していただいている企業様で「HIP処理」まで出来ます。

金属3Dプリンター造形品は試作品の域を中々出ずにおりました。今もなお同じです。その理由が疲労強度なのです。

金属3Dプリンターで造形した金属の組織は柱状晶になりますので、疲労強度が弱くなると言われていますが、HIP処理をすることにより内部構造的にそれは消え金属としての全ての強度を満たすことが出来るのです。 “金属3Dプリンター造形+HIP処理しています” の続きを読む

アルミニウム金属3Dプリンター造形絶好調な推移

アルミニウムの金属3Dプリンター造形をスタートさせてから年々アルミニウムの引き合いが多くなってきました。

しかし、お客様のご要望が造形ルールに当てはまっていないものが殆どで、打ち合わせ等をさせて頂きながら進めて行こうと思います。

まずはお客様にも金属造形ルールを知っていただきたいので→金属造形ルール

アルミニウムの造形は今までの造形と異なり少し工程が増えます。レーザーを照射して溶かすまでは同じなのですが、固まるのが早いため造形ステージを200°まで暖める必要があります。 “アルミニウム金属3Dプリンター造形絶好調な推移” の続きを読む

金属3Dプリンターにはルールやノウハウが存在していた!

サポート材とは

展示会やテレビ等では金属3Dプリンター造形品の出来上がったものしか見る事ができません。よって、あたかも何でも出来上がってしまうように錯覚してしまいますが、金属3Dプリンターには樹脂と同様サポート材と言われるものを付ける必要があります。

IMG_1045樹脂でこのようなフィギアを作る事が可能でも、金属で同じものを作ろうとすると大変な事になります。それがサポート材の存在になります。写真を見ながら想像して頂きたいのですが、このモデルの耳が宙に浮いている事がわかります。この浮いている部分には支えが必要となります。金属3Dプリンターでもこの宙に浮いてしまっている部分にサポート材を付けるのですが非常に厄介な物になります。 “金属3Dプリンターにはルールやノウハウが存在していた!” の続きを読む