ステンレスSUS316L金属3Dプリンター造形品の強度

いつもステンレス造形の件、SUS316Lの金属3Dプリンター造形のお問い合わせを頂きありがとうございます。

本当はお客様もSUS303とか304で金属造形したいみたいですが、今はまだできませんのでSUS316Lで我慢していただいており心苦しく思っております。

皆様が思っているよりSUS316Lの造形は難しく、造形積層厚みも0.02とほんの少しづつしか積み上げることができません。 “ステンレスSUS316L金属3Dプリンター造形品の強度” の続きを読む

金属3Dプリンター造形は時間も付加価値です

弊社のお客様の大半が時間という付加価値を金属3Dプリンターに求めていらっしゃいます。

開発品を早く作ってほしい・・金型レスで・・・などなど

時間(納期)という要素が重要視されています。(短納期化)

時間を要求されるお客様の中には明日欲しいという大至急の造形も含まれており、慌てて造形スケジュールを変更したりする場合も多々あります。 “金属3Dプリンター造形は時間も付加価値です” の続きを読む

異種金属の接合も金属3Dプリンターで可能になる?

S__1654849金属の3Dプリンターは金属粉末にレーザーを照射して溶融させて造形して行きますが、その場合、基準プレートと呼ばれる金属の板の上に溶接しながら造形して行くイメージになります。

例えば、弊社の場合ですと基準プレートはS50Cを使用しておりますが、その上にマルエージング鋼を積み重ねて(積層造形)させていきます。そうするとS50Cにマルエージング鋼がくっついて(溶着)いきます。 “異種金属の接合も金属3Dプリンターで可能になる?” の続きを読む

様々な失敗があってこそ金属3Dプリンターのノウハウが溜まる

誤解をされている方が多いのですが、金属3Dプリンターを購入すればすぐにみんなが同じものを造形できる訳ではありません。

失敗を繰り返し繰り返し、その造形品を安全に奇麗に早く作る事が可能になります。

例えば・・・造形姿勢1つとっても精度が変わったり、時間が変わったりしますし、もちろんその後工程にも大きく影響します。 “様々な失敗があってこそ金属3Dプリンターのノウハウが溜まる” の続きを読む

金属を出力できる3Dプリンターもう知ってますよね?

4dbb6_EOSLaserSinterProzessDental樹脂の3Dプリンターはだいぶ前から一般的になってきましたが、金属で出力できる3Dプリンターがあるのをご存知ですか??

どんな金属でも出来る訳ではありませんが、しっかり金属として形状が出来上がってきます。

金属粉末積層装置というのが本来の名前ですが「3Dプリンター」のという言葉の方が世の中に馴染みがあるので敢えて金属3Dプリンターと呼んでいます。 “金属を出力できる3Dプリンターもう知ってますよね?” の続きを読む

チタン64金属3Dプリンター造形の難しさ

金属3Dプリンターでチタン64を造形する場合、一番気にしなければいけないのが造形姿勢とサポート設計になります。

チタン64の金属造形は熱歪みとの戦いになるからです。

その熱歪みを私たちがコントロールする事はできません。やれることといえば・・・いかに熱歪みが起きにくい造形姿勢を考えるかと、熱をうまく逃がすサポート材をどう付けるのか・・という事だけです。 “チタン64金属3Dプリンター造形の難しさ” の続きを読む

金属3Dプリンター造形師はもはや職人

3Dプリンターは言葉から想像すると、とっても簡単なイメージになりますよね。

しかし、金属3Dプリンターには様々なノウハウが必要で、ただ単にスイッチを押せば製品が完成するわけではありません。

弊社にも金属3Dプリンターを扱う事ができる造形師が3人います。

造形師は3DCADも扱えなければなりませんし、金属の特性も知ってなければいけないですし、機械操作(金属3Dプリンター、ワイヤーカット)、サポート除去、熱処理全ての工程に対し知識と経験が必要なのです。 “金属3Dプリンター造形師はもはや職人” の続きを読む

金属3Dプリンターで出来る事と出来ない事

金属3Dプリンターの出現により、まるでドラえもんのポケットのように何でも出来る魔法の箱と思われている節がありますが、実はそうではありません。

あまり馬鹿正直に言いたくはないですが・・実は出来ないものの方が多いのです。

弊社の場合、金属3Dプリンターって、中空形状は苦手としています。

えっ!!!!

と思ってしまいますよね?? ある方の講演を聞いたことがありますが3Dプリンターは空間を作ることが得意って言ってますし・・・ “金属3Dプリンターで出来る事と出来ない事” の続きを読む

金属3Dプリンターへの過剰な期待?から失望?そして回復

金属3Dプリンターブームが5年前におこりまして、たくさんの企業様や大学様や研究施設などが金属3Dプリンターを導入しました。

もちろん・・今も金属3Dプリンターをご検討している企業様が多くあるのだと思います。

なんでも新しい技術が世の中に出てくると期待値は高まりブームが起こることは当然の事といえます。

これをアメリカのガトナー社ではハイプ・サイクルを用いて、新技術の登場によって生じる過度の興奮や誇張(hype、ハイプ)、そしてそれに続く失望を説明しています。 “金属3Dプリンターへの過剰な期待?から失望?そして回復” の続きを読む

次世代積層造形技術総合開発機構プロジェクトほぼ終了か??

国家プロジェクトとして開発を進めてきた金属3Dプリンターのプロジェクトがほぼ終了したようですね?(時期的に)

松浦機械製作所様からも新たな大型金属3Dプリンターが販売されていますよね。最大サイズが600×600×400というサイズでお客様のニーズに合う造形サイズまでの拡大を実現してくれました。

私たちも次世代積層造形技術総合開発機構(TRAFAM)の金属3Dプリンターが気になって気になって仕方のないところです。 “次世代積層造形技術総合開発機構プロジェクトほぼ終了か??” の続きを読む