ブログ

レアメタルに掲載されました

レアメタルに掲載されました

149
最近また金属3Dプリンターを取り上げて頂かるケースが増えてまいりました。今回は「レアメタル」という本に掲載されたのですが、受託造形好調といった記事になっております。2017年初旬はどちらかと言えばブームは去った感があったのですが、4月以降は実務的な内容を知りたい方々や、活用事例を知りたいと言われる事が増えております。何…
金属3Dプリンター受託造形サービス 初の3社合同セミナーありがとうございました

金属3Dプリンター受託造形サービス 初の3社合同セミナーありがとうございました

227
先週開催されました金属3Dプリンター受託造形サービス 3社合同セミナーにお越し頂けた皆様!暑い中お集まり頂き本当にありがとうございました。初の試みでしたが、非常に良い経験をさせて頂けたかなと思っております。金属3Dプリンター受託造形サービスの需要はまだそんなに大きくありません。私たちのようなサービスビューローが先頭を切…
金属3Dプリンター 交換部品

金属3Dプリンター 交換部品

277
金属3Dプリンターでは様々な交換部品が存在します。購入後半年あたりからもう交換する部品が出始めてきます(使用時間による)特によく交換する部品はリコーターOリング酸素濃度センサーになります。リコーターに関しては月に数本交換する場合もあります。もう消耗品といっても良いレベルになります。Oリングは金属3Dプリンターの至る所に…
金属3Dプリンターの失敗事例

金属3Dプリンターの失敗事例

375
3Dプリンターのイメージは「ボタン押せばあとは勝手に・・・」というように思う方が殆どだと思います。実は・・弊社で使用する金属3Dプリンターも、そしてその他の金属3Dプリンターでも実際には造形途中で停止します。出来れば停止して欲しくないのですが・・それはまだ叶わない夢でして何らかのトラブルで停まります。金属3Dプリンター…
機械技術7月号 掲載 高速・高精度化が進む金属3Dプリンター技術

機械技術7月号 掲載 高速・高精度化が進む金属3Dプリンター技術

243
機械技術7月号に「高速・高精度化が進む金属3Dプリンター技術」という特集に弊社も出させて頂きました。今回この本には近畿大学工学部教授の京極先生、静岡文化芸術大学大学院デザイン研究科の望月先生、大阪大学大学院工学研究科マテリアル生産科学専攻の中野先生、東京都立産業技術研究センター事業化支援本部技術開発支援部3Dものづくり…
医療機器製造登録、間もなく取得完了

医療機器製造登録、間もなく取得完了

233
金属3Dプリンターを使った医療機器製造登録を間もなく提出できるところまでこぎ着けました。医療機器製造登録とは・・医療機器製造販売業者の委託を受け、製品の製造を行なうもので、認められているのは製造だけであって医療機器製造販売業者のように医療機器の承認・認証申請をしたり、医療機器を医療機器販売業者に売ったりすることはできま…
3Dプリンターモノづくり進む?(海外)

3Dプリンターモノづくり進む?(海外)

202
先日の日刊工業新聞に3Dプリンターの高性能化の記事が載っていました。(内容は新聞を読んで下さい)今現状での3Dプリンターの問題点は量産が出来ない事。試作品作りには効果を上げているのですがモノづくりに至っていません。この現象は金属の3Dプリンターでも同じ事でして、今の設備(3Dプリンター)で量産対応はとてもとても無理な状…
ポーラス(ガス抜き)金型試作始まる

ポーラス(ガス抜き)金型試作始まる

255
弊社が使用するEOSでは一部にポーラスを入れた金型というのが不可能でしたが、弊社では出来るようになりました。まだ試作段階ですがプログラム的には無事に出来上がっております。あとはどれくらいのポーラスにするかを決めて行かなければなりません。ポーラス専用のプログラムさえ出来てしまえば、どこにも負けないガス抜きと3次元水管を配…
新金属3Dプリンター続々と発売

新金属3Dプリンター続々と発売

282
金属3Dプリンターの技術革新も日進月歩だと言われています。それだけ金属3Dプリンターは注目もされていますし技術向上を望まれているのだと思います。そんな中、先日東京で開催された機械要素技術展で新たな金属3Dプリンターが発売されていました。それが「OR LASER」です。発売価格は聞いたところによると1500万円。造形可能…
金属3Dプリンターでつくる多孔質体(ポーラス)

金属3Dプリンターでつくる多孔質体(ポーラス)

267
金型のガス抜きや触媒、熱交換器などで使用で切る金属の多孔質体ですが、「ポーセラックス」が2016年3月をもって発売しなくなり困っている企業様がいるとよく聞きます。通気性金型として使っていた企業様には本当に痛かったニュースだと思います。しかし、最近金属3Dプリンターで注目されているポーラス構造。(多孔質体)実は簡単に作る…
Return Top