ブログ

METAL X の設置は簡単ではありません

METAL X の設置は簡単ではありません

4
5月頃搬入予定している「METAL X」ですが、サクッと搬入しすぐに動かせるのかと思いきや色々準備が大変なため、6月にずれ込みそうです。皆様も情報を持っているように、「METAL X」ではプリンターと脱脂、熱処理の3工程に分かれますので、3つの設備が必要となります。その一つ一つの作業スペースやメンテナンススペースなどを…
4月から6月 金属3Dプリンター体験学習開始

4月から6月 金属3Dプリンター体験学習開始

45
今年の4月から6月は金属3Dプリンター体験学習を実施させていただこうと考えております。金属粉末造形機を扱ってみたかった企業様、担当者様。 座学では色々知っているが、実際の事は・・など様々なお客様の事情や要望等がありこの運びとなりました。丸1日の体験コースとなりまして、10時から17時半までになります。スケジュールは以下…
金属3Dプリンターセミナー盛況

金属3Dプリンターセミナー盛況

82
以前から金属3Dプリンターについてのセミナーはさせて頂いておりますが、最近ご来場のお客様から「非常に面白かった」と感想をいただくことが多いです。話は依然と大きく変わってはいませんが、今まで経験してきたことや、これからの事をより多くお話しできるようになったからかもしれません。当たり前ですが弊社は大学や研究所ではありません…
純チタン造形テスト順調に推移

純チタン造形テスト順調に推移

76
以前チタン64で色々テストしていた項目を現在は純チタンでテストしております。チタン64も純チタンも通常の材料と比べると20%ほど強く出ておりますが、チタン64の引張強度試験結果はピークの強さは上がったが、伸びがない状態でした。これを解決するには???と色々考えておりましたが、純チタンのテストも始まってしまい一旦純チタン…
金属3DプリンターMarkFoged「METAL X」5月頃搬入予定?

金属3DプリンターMarkFoged「METAL X」5月頃搬入予定?

120
色々と計画が遅れておりましたが、ようやく2019年5月頃にMarkFoged「METAL X」が搬入されることになりそうです。今まで金属粉末積層造形をさせて頂き、いろいろなノウハウを積み重ねててまいりましたが、そのノウハウや知見を活かしつつ新しい方式の金属3Dプリンターに挑戦いたします。「METAL X」はADAM方式…
やはり日本は大きく遅れていた

やはり日本は大きく遅れていた

630
先日、3Dものづくり普及促進会の5周年記念イベントでセミナーが開催されました。弊社も2名で参加させていただき、メンバーの皆様とそしてご来客の方々と意見交換などをさせていただきましたが、日本に於ける金属3Dプリンター技術の普及はやはり相当遅れているようです。一方で、アメリカ、中国では普及の速度が年20%のアップということ…
新たな粉末への挑戦

新たな粉末への挑戦

531
弊社ではお客様が持ち込んだ金属粉末でも造形をさせていただいております。しかし、すぐに造形できるわけではありません。レーザーのパラメーターを触り、出力や速さ、厚みなどを調整し造形できるのかどうかの検証やパラメーター開発をしております。その手法も確立しており、お客様に提案や相談などさせていただきながらテストをしております。…
金属3Dプリンターで量産は可能なのか?

金属3Dプリンターで量産は可能なのか?

628
ここ最近、お客様から金属3Dプリンターを使用して量産はできるか??と聞かれますが、現段階での見解を申し上げますと、大量生産は不可能?です。できない理由はいくつかあります。一つに価格の問題です。 大量生産は価格にも直結してきますので、現在の工法より安くできなければ意味がありません。それも踏まえて検討すると、1台1億近くす…
自動車産業での金属3Dプリンターの位置付け

自動車産業での金属3Dプリンターの位置付け

514
金属3Dプリンターの受託造形の仕事の大半が自動車産業が中心になっています。というと・・期待してしますよね??今後自動車産業でもっと金属3Dプリンターが使われて行くのかも??と感じる方も多いのではないでしょうか。しかし、実態は少し違います。まずは量です。通常切削加工などされている企業様では、あふれんばかりの仕事を抱えてい…
金属3Dプリンター 医療機器への期待高まる

金属3Dプリンター 医療機器への期待高まる

283
先日開催されました「Tech Biz 2019」でも医療機器関連の講演をさせていただきましたが、金属3Dプリンターの医療機器への感心が高まっているように感じます。もう、皆様ご存知のように金属3Dプリンターは一品一様の製品を作ることに長けています。逆を言えば自動車産業のような大量生産には不向きな工法です。医療の世界では、…
Return Top