ブログ

九州モノづくりフェア2017ご来場ありがとうございました。

九州モノづくりフェア2017ご来場ありがとうございました。

46
金属3Dプリンター受託造形サービスとして、今年で3年連続で九州モノづくりフェアに参加させて頂きました。今年もたくさんのご来場社様があり、またたくさんの方々と名刺交換させて頂きました。九州と名古屋??って遠いイメージありますが、3Dプリンターではデーターのやり取りができればすぐにでも造形が可能です。また明日には九州に配送…
EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2017 東海北陸大会アントレプレナー賞 受賞

EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2017 東海北陸大会アントレプレナー賞 受賞

165
先日名古屋マリオットホテルで開催されましたEY アントレなプレナー・オブ・ザ・イヤー2017で「株式会社J・3D」が表彰されました。私たちのような会社が皆様に認められて表彰していただけるなんて非常に嬉しい事です。従業員一同感謝申し上げます。今回のアワードセレモニーでは各方面の重鎮の皆様をはじめ受賞者の方々も素晴らしいか…
人工関節学会で金属3Dプリンターの物性評価 発表決定

人工関節学会で金属3Dプリンターの物性評価 発表決定

220
今弊社で取り組んでおります金属3Dプリンターを使用した人工股関節の進捗を学会で発表する事となりました。今回発表させて頂く内容としては基礎データーの件です。金属3Dプリンターで作成したチタン合金がインプラントとして耐えうる強度をもっているか?というお話しになります。昨年の補助金事業で金属3Dプリンターで造形した金属の基礎…
電気自動車開発加速で金属造形が出来る事は?

電気自動車開発加速で金属造形が出来る事は?

262
いよいよ電気自動車の量産化の動きが加速してきました。今までの考えのビジネスモデルでは通用しない時代が近づいてきたように感じます。金属造形でも同じ事が言えるのかもしれません。自動車の試作品を多く手がけてきましたが、これらの試作品の様相は変わる可能性が高いという事になりそうです。次に目を向けなければならないのは電気部品?に…
より一層金属造形品質管理を追求でハンディプローブ三次元測定機を導入

より一層金属造形品質管理を追求でハンディプローブ三次元測定機を導入

186
金属3Dプリンターで造形した製品の品質管理要求は年々厳しくなってきておりますが、今までは接触式の3次元測定器と非接触式3次元測定器で検査しておりましたが、新たにハンディプローブ三次元測定機も導入させて頂きました。お客様への検査データーとして測定値を簡単に出力する事が可能となります。非接触式と比べ時間も短縮できますし、操…
金属3Dプリンター造形試作の納期

金属3Dプリンター造形試作の納期

236
金属3Dプリンター造形の需要としては試作品が圧倒的に多く入ってきます。納期短縮に効果が大きいということを理解して頂いているからだと思いますが、新規のお客様にはその納期がどれほど早いのかは中々知られていないのが現状です。考え方は色々あるのですが、単品で複雑構造を作るのにも大きな効果があるのですが、簡単な構造でも製品の大き…
メキシコの自動車業界視察(金属3Dプリンター目線)

メキシコの自動車業界視察(金属3Dプリンター目線)

169
9月14日から22日までメキシコの自動車業界の視察へ行って参りました。以前から注目されていたメキシコですが、皆様ご存知の通り「トランプ大統領」の誕生から若干雲行きが怪しくなりました。実際現地の日系企業様からも予定が狂った。。と聞いておりますが中長期的に見ればやはり右肩あがりにあるようで今後の動向にも注目が必要です。日本…
金型しんぶんに掲載されました

金型しんぶんに掲載されました

257
昨日も金属3Dプリンターで造形する金型のお話をさせていただきましたが、先日「金型しんぶん」にも掲載されております。それだけ関心が高まり、効果の実績も認知され始めてきたのだと感じます。金属3Dプリンターを活用した金型づくりは4年前から実施してきましたが、良い情報も悪い情報も混じりながら流れていたように思います。よくある話…
名古屋銀行 金属3Dプリンター製造技術革新セミナー

名古屋銀行 金属3Dプリンター製造技術革新セミナー

229
昨日は名古屋銀行様に主催して頂いた「金属3Dプリンター技術革新セミナー」でお話をさせて頂きました。あれだけの皆様が金属3Dプリンターにご関心があるのかと思うとまだまだPR不足だなと・・逆に感じてしまいます。しかし、金属3Dプリンターの技術を正しく理解して頂く為にもこの様なセミナーは今後もしていきたいと思います。金属3D…
金属3Dプリンター造形金型(3次元水管)倍増

金属3Dプリンター造形金型(3次元水管)倍増

312
金属3Dプリンターの技術を伝える為に全国で展示会やセミナーや講演を実施してきましたが、その成果もあって金型需要は昨年より250%伸びております。弊社に依頼して頂けるのは主にダイカスト金型が中心ですが、もちろん樹脂金型の需要も伸びております。3次元水管についてはもうどんな物なのか知っている方も多くなりました。しかし・・問…
Return Top