ブログ

2019年 あけましておめでとうございます。

2019年 あけましておめでとうございます。

152
新たな年を迎えるにあたり、一言ご挨拶を申し上げます。はじめに、昨年も大変多くのお客さまに金属3Dプリンター受託サービスをご利用いただきましたこと、改めまして御礼を申し上げます。2013年9月に株式会社J・3Dができて6回目新年を迎えます。いつも、新年を迎えると今年はどうなるのか・・と不安ですが、リピートのお客様にも支え…
エスパー伊東も股関節症 金属3Dプリンターの人工股関節研究

エスパー伊東も股関節症 金属3Dプリンターの人工股関節研究

239
本日のニュースでも流れておりましたが、エスパー伊東さんが股関節症で休業ということです。以前だったら股関節症と聞いても興味はわきませんでしたが、今は金属3Dプリンターを使用したカスタムメイド人工股関節の研究に取り組んでいるので内容はよくわかります。股関節症は女性がなりやすい病気で、大腿骨と骨盤の寛骨臼と言われるところが磨…
日本最速試作品製造の製造方法とは?

日本最速試作品製造の製造方法とは?

2923
最速の金属試作品の製造方法だと思いますか??切削加工??鋳造?ロストワックス?MIM?色々な既存工法もございますが、実は最速は金属3Dプリンターなのです。金属3Dプリンターの能力を最大限に生かすには納期というアドバンテージを忘れてはいけません。小さな部品でも、大きな部品でも実は少量の試作品を作るスピードは金属3Dプリン…
タングステン造形できます

タングステン造形できます

493
少し遅くなってしまいましたが、新材質の発表です。タングステンが造形できるようになりました。WC/25%coになります。低コバルト(12%)はまだ不可能です。密度もクリアできておりますので、是非タングステンのご要望がありましたお申し付けください。工具等で使えるレベルではありませんので、そのようなご要望にはまだお答えしかね…
コバルトレスマルエージング鋼造形開始

コバルトレスマルエージング鋼造形開始

378
お待たせいたしました。皆様からご要望の多かったマルエージング鋼のコバルトレス造形が可能となりました。コバルトは原子番号27の元素で鉄系元素の1つですが、コバルト及びその化合物は、化学物質排出把握管理促進法(化管法)第一種指定化学物質(政 令番号:132)に指定されているほか、有害大気汚染物質に該当する可能性がある物質に…
予想以上の盛り上がり ダイカスト会議

予想以上の盛り上がり ダイカスト会議

461
先週パシフィコ横浜で開催されました「ダイカスト会議2018」は予想以上の盛り上がりで、たくさんのお客様にご来場いただきました。2016年のダイカスト会議では金属3Dプリンターでの金型製造技術はほぼ出展されていなかったのですが、今回は金属3Dプリンター関連も色々出展され、ダイカスト金型にすでに金属3Dプリンターが使用され…
金属3Dプリンター受託造形サービスなら

金属3Dプリンター受託造形サービスなら

3723
自動車、航空機、工作機械などの産業が集積している愛知県に造形工場を構え金属3Dプリンター受託造形サービスをしており、5年間の経験と実績を積み重ねてきました。受託造形サービスとは、お客様から頂いた図面(3Dモデル)を基に3Dプリントするサービスになっていますので、あらかじめ3Dデーター(STL,IGESなど)をご用意頂き…
金属3Dプリンター故障の原因と対策

金属3Dプリンター故障の原因と対策

286
弊社ではEOS社の金属3Dプリンター4台を保有していますが、大きいな故障から小さな故障まで様々な故障が発生します。今までの発生した、故障について原因を追求しておかなければ、また同じ故障が発生しますので、日々故障についての対策等については社内で話をします。弊社保有の設備に限った話ですが、参考にしていただければ幸いです。ど…
JIMTOF2018 第29回日本国際工作機械見本市 金属3Dプリンター

JIMTOF2018 第29回日本国際工作機械見本市 金属3Dプリンター

338
先日、最新の機械設備の情報を仕入れにJIMTOF2018 第29回日本国際工作機械見本市に行かせていただきました。しばらく顔を出していない展示会でしたが、ものすごい人です。初日は26000人 金曜日は39000人 土曜日は37000人と他の展示会の来場者数を圧倒します。そんな中、工作機械の最新情報ととともに「金属3Dプ…
金属3Dプリンターネットワーク

金属3Dプリンターネットワーク

243
金属3Dプリンターを保有している企業様ってどれだけあるかご存知ですか???大手企業様の研究開発様を除いた、造形サービスを行っている企業様の数は、把握しているだけで46社もあるんです。それぞれの設備を保有し、それぞれの特色があるのですが、この造形サービスビジネスを大きくするには、自社だけの努力では中々進みません。マーケッ…
Return Top