ブログ

より一層金属造形品質管理を追求でハンディプローブ三次元測定機を導入

より一層金属造形品質管理を追求でハンディプローブ三次元測定機を導入

257
金属3Dプリンターで造形した製品の品質管理要求は年々厳しくなってきておりますが、今までは接触式の3次元測定器と非接触式3次元測定器で検査しておりましたが、新たにハンディプローブ三次元測定機も導入させて頂きました。お客様への検査データーとして測定値を簡単に出力する事が可能となります。非接触式と比べ時間も短縮できますし、操…
金属3Dプリンター造形試作の納期

金属3Dプリンター造形試作の納期

287
金属3Dプリンター造形の需要としては試作品が圧倒的に多く入ってきます。納期短縮に効果が大きいということを理解して頂いているからだと思いますが、新規のお客様にはその納期がどれほど早いのかは中々知られていないのが現状です。考え方は色々あるのですが、単品で複雑構造を作るのにも大きな効果があるのですが、簡単な構造でも製品の大き…
メキシコの自動車業界視察(金属3Dプリンター目線)

メキシコの自動車業界視察(金属3Dプリンター目線)

228
9月14日から22日までメキシコの自動車業界の視察へ行って参りました。以前から注目されていたメキシコですが、皆様ご存知の通り「トランプ大統領」の誕生から若干雲行きが怪しくなりました。実際現地の日系企業様からも予定が狂った。。と聞いておりますが中長期的に見ればやはり右肩あがりにあるようで今後の動向にも注目が必要です。日本…
金型しんぶんに掲載されました

金型しんぶんに掲載されました

304
昨日も金属3Dプリンターで造形する金型のお話をさせていただきましたが、先日「金型しんぶん」にも掲載されております。それだけ関心が高まり、効果の実績も認知され始めてきたのだと感じます。金属3Dプリンターを活用した金型づくりは4年前から実施してきましたが、良い情報も悪い情報も混じりながら流れていたように思います。よくある話…
名古屋銀行 金属3Dプリンター製造技術革新セミナー

名古屋銀行 金属3Dプリンター製造技術革新セミナー

265
昨日は名古屋銀行様に主催して頂いた「金属3Dプリンター技術革新セミナー」でお話をさせて頂きました。あれだけの皆様が金属3Dプリンターにご関心があるのかと思うとまだまだPR不足だなと・・逆に感じてしまいます。しかし、金属3Dプリンターの技術を正しく理解して頂く為にもこの様なセミナーは今後もしていきたいと思います。金属3D…
金属3Dプリンター造形金型(3次元水管)倍増

金属3Dプリンター造形金型(3次元水管)倍増

369
金属3Dプリンターの技術を伝える為に全国で展示会やセミナーや講演を実施してきましたが、その成果もあって金型需要は昨年より250%伸びております。弊社に依頼して頂けるのは主にダイカスト金型が中心ですが、もちろん樹脂金型の需要も伸びております。3次元水管についてはもうどんな物なのか知っている方も多くなりました。しかし・・問…
金属造形から最終仕上までの一貫生産

金属造形から最終仕上までの一貫生産

399
金属3Dプリンターの造形品というのは出来上がり精度はさほど良い物ではありません。金属3Dプリンターメーカーからのお話では±0.05と言われておりますが、実際には±0.1〜0.2。もちろん製品の大きさにもよりますが収縮によるものです。弊社では金属3Dプリンター造形品の最終加工まで承っております。必要な部分はマシニング加工…
金属3Dプリンターパラメーターの調整

金属3Dプリンターパラメーターの調整

348
以前から金属3Dプリンターのパラメーター調整は非常に困難であると書かせて頂いております。実際本当に大変な作業でその組み合わせは無限大??と言えるほどです。必要エネルギーだけを計算し出力に変換するだけではなく、積層厚み、スピード、スポット径など基本的な部分を触るだけでも様々な現象が起きますし良かった物が悪くもなります。そ…
金属3Dプリンター純チタンの造形スタート

金属3Dプリンター純チタンの造形スタート

475
金属3Dプリンターでの純チタン造形を来年1月にスタート致します。今までチタンと言えばチタン64だけでしたが、純チタンが可能となります。純チタンの用途としては医療・健康で人口骨、関節、歯科材料、手術器具、ペースメーカー、車椅子、ステッキ、アルカリイオン浄水器電極、歯ブラシ、ピンセット等。また化学工業、電解工業では電極、電…
レアメタルに掲載されました

レアメタルに掲載されました

357
最近また金属3Dプリンターを取り上げて頂かるケースが増えてまいりました。今回は「レアメタル」という本に掲載されたのですが、受託造形好調といった記事になっております。2017年初旬はどちらかと言えばブームは去った感があったのですが、4月以降は実務的な内容を知りたい方々や、活用事例を知りたいと言われる事が増えております。何…
Return Top