金属3Dプリンター基礎知識

金属3Dプリンター粉末の良否判断 基礎知識

金属3Dプリンター粉末の良否判断 基礎知識

毎回お話ししておりますが、この6月の時期は金属粉末への湿度管理が大変気になります。また最近では金属粉末を持ち込んでのテストも増えてきておりますので、金属粉末の基礎知識をお話ししたいと思います。金属3Dプリンター用の粉末はガスアトマイズ法を使った球形の粉末が良いとされております。しかし、この粉末もさらに分球して金属3Dプ…
梅雨時の金属3Dプリンター管理

梅雨時の金属3Dプリンター管理

講演やセミナーでも梅雨時の金属3Dプリンターの管理についてお話しさせて頂いておりますが、いよいよ6月に入り梅雨時期が訪れようとしております。弊社では特に金属粉末の湿度の徹底管理を基本にしておりますが、この時期は本当に細心の注意を払う必要があります。金属粉末は湿度10%以下の管理庫に保管しておりますが、それには深い理由が…
金属3Dプリンターのマテリアルデーター(材質特性)の見方

金属3Dプリンターのマテリアルデーター(材質特性)の見方

弊社で造形する金属にはマテリアルデーターシートという物が添付されます。ドイツのEOS社から提供されているデーターシートになっておりまして、「通常通りに造形をしていればこのような特性になります。」というような趣旨の物です。しかし・・これが残念ながら全て英語で書かれておりましてよくわからない・・とのご指摘も頂いております。…
金属3Dプリンター用金属粉末基準

金属3Dプリンター用金属粉末基準

金属3Dプリンター用の金属粉末はほとんど「ガスアトマイズ法」で作られています。「ガスアトマイズ法」ではその金属の溶湯を細いノズルから噴霧して順次冷却する事により粉末になる方法の事を指します。金属3Dプリンターで使用する粉末材料の大きさはピークで20〜30μm、最大径で60μmほどの細かい物だけを採用しますで、歩留まりが…
金属3Dプリンターのアルミニウムとは

金属3Dプリンターのアルミニウムとは

金属3Dプリンターでもアルミニウムが造形できる事が話題となっていますが、どんなアルミニウムでも出来る訳ではありません。非常に特定されたアルミニウムになっていますので、本日は金属3Dプリンターでできるアルミニウムについてお話をしたいと思います。AlSi10Mg 今現在金属3Dプリンターで出来るアルミニウムは「AlSi10…
金属3Dプリンターの保守点検

金属3Dプリンターの保守点検

858
弊社では今週金属3Dプリンター3号機の保守点検を実施しております。(定期点検)金属3Dプリンターはかなり繊細な設備で半年に一回の保守点検を実施していかなければなりません。高額な部品が実装されている設備なので点検を怠るとそれなりのリスクが生じてきます。今日は具体的にどんな箇所の点検をするかをご説明させて頂きます。光学系金…
これを読めば絶対分かる!「金属3Dプリンター」の本当の姿

これを読めば絶対分かる!「金属3Dプリンター」の本当の姿

1532
話題ばかりが先行して本来の「金属3Dプリンター」の姿が見えてこない場合が多くあります。プリンターを販売しているメーカー様も良い事は伝えてくれますが中々悪いところまでは伝えてくれません。私たちは「金属3Dプリンター」を扱い始めて3年。良いところも悪いところも理解しておりますので、是非本当の姿を皆様に知って頂ければと思いま…
金属3Dプリンターで使用するアルミニウム

金属3Dプリンターで使用するアルミニウム

1568
どのメーカーの金属3Dプリンターを購入しても造形できる材質はそんなに違いはありません。(金属粉末積層造形法に限る)弊社で使用するアルミニウムも他メーカーと大きく違いのないAl-Si-Mg系合金になっています。近いとされる材料は「AC4C」というアルミニウムになりますので、それらの解説をしてみたいと思います。Al-Si-…
3Dプリント後の設備管理について

3Dプリント後の設備管理について

金属3Dプリンターは非常に繊細な設備です。湿度、気温にも大きく左右されます。そこで本日は3Dプリント後の設備管理の状況をご説明したいと思います。3Dプリントが完了して製品を取り出した後には必ず実施しなければならない事があります。まずは3Dプリントしている動画をご覧下さい。見て頂いた通り、造形中には少なからず煙とヒューム…
金属3Dプリンター造形の3Dデーターファイル形式について

金属3Dプリンター造形の3Dデーターファイル形式について

見積りのメールや電話を頂くことが多くありますが、「ざっくりした見積りが欲しい」という要望が多くあります。その上で回答すると「高いね」と言われます。ざっくりした見積りとは、どんな形状でも四角にしてしまい、大きさだけの判断で見積りをさせて頂く事になるので実価格とは全く異なります。見積りの際は3Dデーターを頂けると、しっかり…
Return Top