2019年3Dプリンター市場は倍に成長!?

2019年3Dプリンター市場は倍に成長!?

3Dプリンター市場の成長予想

3Dプリンター市場の成長予想

ある調査会社によれば、2019年の3Dプリンターの市場規模は、2015年の倍に成長すると予想されています。

3Dプリンターは現在、自動車産業や航空宇宙の分野で主に用いられていますが、今後はこれらに加え、教育や医療などの分野での成長が見込まれています。

中でも中国は国を挙げて3Dプリント技術の開発に取り組んでおり、2016年の段階では世界最大の3Dプリント市場になることが予想されています。こうした3Dプリンターの市場規模拡大は日本ももちろん例外ではなく、3Dプリントを活用する多くの国内企業が、急速に事業を拡大させています。

倍の成長が見込まれる要因

3Dプリンターの市場規模が2019年の段階で倍の成長を見せるという予想には、様々な要因があります。

材料の拡大

まず挙げられるのが、材料の拡大です。3Dプリンターの材料はセラミックや金属、樹脂などに分類されますが、その材料の中でも大きく広がりを見せているのがFDMの材料である「フィラメント材料」です。

FDM用のフィラメント材料はPLA樹脂とABS樹脂が一般的ですが、いろいろな素材を配合できるというプラスチックの特性を持ち合わせているため、その特性を活かして様々なフィラメント材料が登場しています。こうした材料の拡大により、3Dプリンターの市場規模は大きく成長しているのです。

政府の市場参加

政府の市場参加

政府の積極的な参加も、市場成長に大きく関係しています。例えば、アメリカやイギリスは早い段階から政府が中心となり、民間企業や教育研究機関を巻き込んで3Dプリントのプロジェクトを進めています。

そしてそれは日本も同様で、アメリカやイギリスの動きに呼応するかのように、政府が中心となり3Dプリントのプロジェクトを推し進めています。

これらの要因が密接に絡まることで、倍という数字に到達することが可能になるのです。

株式会社J・3Dは、成長曲線を描く3Dプリントサービスを展開しております。樹脂造形サービスではPA2200(ナイロン12)を使用して出力し、3D金属プリンターによる受託造形サービスでは、マルエージング鋼やアルミニウムといった金属粉末を使用して金型や部品製作を行います。

ご希望・ご要望に応じて、製作期間を大幅に短縮することも可能です。3Dプリントのことなら、株式会社J・3Dにお任せください。

Return Top