車の部品なら3Dプリンター

車の部品なら3Dプリンター

車の製造に必要な「金型」

様々な工業製品の製造では、「金型」が使用されます。金型とは、金属製品や樹脂製品を製造する際の基になる「型」で、自動車部品の製造にも活用されています。どんなに小さな部品1つでも金型を製作し、それを基にたくさんの自動車が生産されるのです。つまり金型は、自動車の製造において必要不可欠な存在と言えます。

莫大な費用を要する金型

莫大な費用を要する金型

しかし、金型の製作には莫大な費用を要します。例えば、1つ約10円の樹脂部品でも、金型のみで数百万円になることもあります。

それが精密機器である自動車の部品、特に自動車のボディともなれば、1箇所だけでも億単位の費用を要することも考えられます。

自動車メーカーの多くはこうした莫大なコストを削減するために、「部品共有」や「プラットフォーム共有」など、同メーカーの他自動車とできる限り共有が可能な金型を製作するのです。

金型が不要になる3Dプリンター

金型が不要になる3Dプリンター

しかし3Dプリンターは、その概念を覆します。3Dプリンターはフレキシビリティという強みがあるため、金型に頼る必要がなくなります。

金型が不要になると億単位、または数十億単位での大幅なコスト削減が可能になります。

金型の使用は大きなコストがかかるため、大量の生産を行わないと採算が合いませんが、3Dプリンターを使用した場合には、部品1つからの製造が可能なため、コストが大きくかかりません。そのため、お客様の希望・要望に添った部品の製造を実現できます。すなわちこれからの時代は、自動車の部品製造には3Dプリンターを活用することがポイントになると言えるのです。

3Dプリント出力サービスの利用をお考えなら、株式会社J・3Dにお任せください。株式会社J・3Dでは3D金属プリンターによる受託造形サービスを提供しております。アルミニウムを含めた金属粉末を用いて、金型や部品製作を致します。金属だけでなく、樹脂造形のサービスも展開しています。3Dプリント出力サービスのことなら、お気軽に株式会社J・3Dへご連絡ください。

Return Top