適用事例

金属3Dプリンター造形を用いたダイカスト金型、樹脂金型、3次元螺旋水管

124樹脂・ダイカスト金型の中に3次元水管を入れることにより冷却効率を高め

成型サイクルタイムを短縮

歩留まりの改善

製品品質の改善など

 

直線型水管と違い水管を至る所に網羅できる事が金属3Dプリンターのメリットです。

金属3Dプリンターを使用し量産金型に3次元水管を作ることができる唯一の加工方法です。

是非お試しください。

IMG_1055


医療用人工骨

dscn4938_2

一人一人に合わせた大きさを製作することができます。

複雑形状を早く、一品一様に製作することができるのが金属3Dプリンターの強み。

従来工法と違い軽量化も考慮しての製造が可能。

材料費低減とプロセスの効率化をはかれます。

何よりもスピードが一番の加工方法です。

医療に限らず、試作などにも効果を上げています。

部品の一体化!

燃料噴射ノズル部品と部品を組み立てる作業が無くなる一体化構造が作成できます。

人件費の大幅削減を狙う工法として金属3Dプリンターは活躍できます。

ほんの少しの積み重ねが大幅なコスト低減につながります。

 

 

金属3Dプリンターで製作した部品

EOS社製金属3Dプリンターで製作した部品の数々。NTTデータエンジニアリング提供

 

活躍が期待される3Dプリンター

株式会社J・3Dでは、金属3Dプリンターによる受託造形出力サービスをご提供しております。
ダイキャスト金型樹脂金型の3次元水管、射出成形など金属3Dプリンターを活かした加工を行います。
車の部品や医療現場でも活躍が期待されている3Dプリンターは、短納期も可能です。急な試作品製作の際にもご相談ください。金属3Dプリンターによる製作に興味がある方は、ぜひ株式会社J・3Dをご利用ください。

会社案内ダウンロード

株式会社J・3Dのパンフレットは下記からダウンロードできます

パンフレット

ロゴ2

Return Top