設備紹介

金属3Dプリンター紹介

EOSINT M280 1号機

eosint_m_280_1

M280 1号機ではマルエージング鋼、チタン64、インコネル718の造形ができます。基本的にはマルエージング鋼での造形をしておりますが、納期等で重複する場合材料の入れ替えを致します。

EOSINT M280 3号機

eosint_m_280_1

M280 3号機ではマルエージング鋼の造形ができます。基本的には開発機としての運用をしております。納期等で重複する場合商品の造形も致します。多孔質体、複雑形状、サポート材の改善などの開発を中心に実施しております。パラメータ可変式となっておりますので新たな材料等にも対応できます。

EOS FOMIGA P110

p110_contentbild

FOMIGA P110 ではナイロン12とガラス入りナイロン12の粉末積層造形が出来ます。サポート材が不要なので複雑な形状も簡単に造形できます。

3次元測定器

IMG_1319

3次元測定器では恒温室にて接触式の寸法測定をしております。非接触式では測定できない部分の測定を中心にしております。

熱処理炉

S__6684674

熱処理炉では金属造形品の熱処理(時効処理)はもちろん、アニール処理、金属粉末の乾燥工程にも使用しております。

バレル研磨機

IMG_1312

バレル研磨機では表面の光沢を出す場合に使用致します。エッジが丸くなる場合がありますのでご要望の時に使用致します。

Magics

サイド3

Magicsでは3Dプリンターで不可欠なサポート材の生成を行います。造形姿勢などもこのソフトで決めていきます。

Geomagic

Crankshaft-annotate1

GeomagicではスキャニングしたデーターとCADを重ね合わせカラーマップを作る事が出来ます。また「STL」からソリッドモデルに作り込みをする場合にも使用致します。

EOSINT M280 2号機

eosint_m_280_1

M280 2号機ではマルエージング鋼、アルミニウムの造形ができます。マルエージング鋼も造形できますがアルミニウム専門での造形をしております。アルミニウムのパラメーターは可変式になっておりますので、新材料の開発等も手がけています。

EOSINT M290

image

M290 ではマルエージング鋼、インコネル718が造形できます。基本的にはインコネル造形で使用しておりますが、納期等で重複する場合は材料を入れ替えて造形致します。

ワイヤーカット

838F83C838495FA93d8AC594C2

ワイヤーカットは基準プレートから造形品を切り離す際に使します。

ATOS

ATOS_Triple_Scan_12M

ATOSでは3Dプリンターで製作した部品等を非接触式でスキャニングしCADデーターとの比較検査を実施致します。リバースエンジニアリングでも使用致します。

サンドブラスター

S__6676509

サンドブラスターでは造形品の仕上と応力除去で使用しております。標準的にはブラスター仕上で納品させて頂いております。

金属粉末管理庫

S__6676512

金属粉末管理庫では金属粉末に湿度が入らないように、湿度10%までに管理されております。管理された金属粉末を使用しますので安心してご利用頂けます。

TOP SOLID

maxresdefault

TOP SOLID ではお客様から頂いた「IGES」「STEP」などの図面を開いて「STL」に変換したり、データーの修正等に使用しております。

Return Top