3DプリンターQ&A

金属3Dプリンターで金型製作して強度大丈夫?

図2”最近金属3Dプリンターで金型を作ると聞いておりますが、強度に問題はないのですか??”

このようなお問い合わせは毎日のように入ります。

日本の工作機メーカー様の金属3Dプリンターを使った金型への活用の事例の話を聞く事が多くなったのではないでしょうか?

金属3Dプリンターで製作する金型には樹脂金型とダイカスト金型があります。

樹脂金型、ダイカスト金型では3次元水管という新たな付加価値を付ける事によりハイサイクルを実現できたり、品質の向上ができます。

しかし、皆様の興味は金型のハイサイクル化よりも圧倒的強度に集中しています。

今までに無い工法での金属材料作りですから、お気持ちはお察しいたします。

しかし、弊社ではたくさんの金型の造形をしておりますが、強度的に問題は発生しておりません。

図のように自由に水管を通し、金型の冷却時間を短縮出来るのは金属3Dプリンターならではの付加価値と言えます。

特に最近ではダイカスト金型での需要が伸び、すでに多くの企業様が活用しており、スタンダードな技術となりつつあります。

ハイサイクル化に悩んでいらっしゃる企業様、ヒケや焼きつきに困っていらっしゃる企業様。

冷やしたい箇所に水を通してみませんか??

金型で使用するマルエージング鋼の特性は→マルエージング鋼データを見て頂ければわかります。

その他ご質問がありましたら遠慮なくご質問ください。→お問い合わせフォーム

Return Top