ブログ

GEが狙う新産業革命とは?

燃料噴射ノズル本日NHKでアメリカのGEが新産業革命を狙った動きをしている特集がありましたね。

ビックデーターもさることながら、金属3Dプリンターもその中に組み込まれています。アメリカ本土の方ではGEは既に航空機のエンジン部品を金属3Dプリンターを使用して作っています。それに日本の加工技術を組み込ん込んで行きたいのか日本への注目度が高くなっているみたいです。

日本の加工技術は言うまでもなく素晴らしい。GEではなくても金属3Dプリンターと日本の加工技術を融合させたら新たな産業革命が起きることは想像できます。

しかし、まだ日本の中ではそこまで考える企業様も少なく遠目で金属3Dプリンターを見ている風潮が多いのが現状です。

金属3Dプリンターは新産業革命になるのか???新たなモノづくりの一端を担えるか?? 焦点はそこなのだと思います。が・・・

実際、写真のような燃料噴射ノズルを一体化で、短期間で、少量生産で製作しているGEではコスト計算も全て成り立っているはずですから、新産業革命目前に来ているのは間違いないようです。

金属3Dプリンターの実力を知り、そこから何が生まれてくるのかを考えることが今の時代に必要なんだと改めて実感します。

日本も負けずに産業革命を起こす頭脳を養って行きたいですね。

IMG_1561

 

Return Top