ブログ

日本で使われている金属3Dプリンター

金属3Dプリンターの技術は25年前からスタートしていますが、今では注目されるべき技術にまで成長したことにより色々な企業が金属3Dプリンターをリリースしています。

技術の進歩が今の金属3Dブームを加速させたと言っても過言ではないでしょう。

そんな金属3Dプリンターで日本に導入された設備も含め紹介させて頂きます。

EOS

eosint_m_280_1世界的に有名な会社でトップシェアを持っています。数々の特許ももっているのでパイオニアとしては十分な実力を持っています。

特徴としてはレーザーのパラメーターを標準化し、自由に触れない設計になっていますので、いつ造形しても同じ品質のものが出来上がります。

パラメーターの縛りを外すシステムはオプションになっています。

最新機種は「M290」でカメラで監視する機能が付き、造形方法の確立や姿勢による変化等がわかるようになりました。

また昨年リリースされた「M400」は最大造形サイズ400×400。1000wのレーザーを搭載しております。

Concept-Laser

conceptlaserEOSと同じドイツのメーカーになります。汎用性に優れ材料開発に向いている金属3Dプリンターです。

特徴はレーザーの走り方。5mm格子に切ったデーターをランダムに飛ばしレーザーを照射します。

世界最大の金属粉末積層3Dプリンターをリリースしておりその造形サイズは630×400×500。

日本ではあまり導入されていないが、注目度の高い金属3Dプリンターです。

Arcam

arcamスウェーデンのメーカになります。

レーザーではなくビームを搭載した金属3Dプリンターです。余熱機能もあり歪みが出にくい機構になっています。

最大出力3500wなので造形スピードも最速です。また真空プロセスなので不純物が入らないのが特徴です。

価格がレーザーに比べ高いが速度が早いので十分に回収できると言われています。

チタン造形に向いているので航空機、宇宙開発等に多く使われています。

3D Systems

3DSystemsもともとはフランスのメーカーの「Phenix Systems」という会社の金属3Dプリンターでしたが3DSystemsが買収した。

特徴は粉末を敷き詰めながらローラーで押しならしていく構造です。それにより密度が高くなると言われています。

人体が金属粉末になるべく触れないように自動化されています。一昨年に日本に上陸し昨年は爆発的に販売された機種です。

金属粉末も細かいものが使われますので、造形後の面粗度品質は粉末造形機の中では最上級です。

細かい再現性に優れているので繊細な造形品はこのシステムが一番良いとされます。

SLM

SLMこちらもドイツの企業で1968年からスタートしている歴史の古い会社です。

造形範囲が他社よりも広くなっていて、複数のレーザーで同時造形できるのが特徴です。

北米などで急速に実績をあげている金属3Dプリンターになります。

最大造形範囲の設備は500×280×325となっていて最大4台のレーザーが同時に照射します。

日本にはあまりたくさん導入されていませんが注目度は高いです。

松浦機械製作所

松浦機械製作所パナソニックの特許を使った金属3Dプリンターになります。

造形途中で工具が出てきて輪郭を仕上げてくれる画期的な金属3Dプリンターです。

日本の金型製造の新たな工法の構築に一役買っています。

日本での金属3Dプリンターパイオニア企業です。

ソディック

sodik2OPMラボラトリーが技術提供し作られた金属3Dプリンターになります。

松浦機械製作所と同じく造形中に工具が出る仕組みになっています。

金型業界の販売網を活かし金型への金属3Dプリンターの活用に力を入れています。

金属3Dプリンターの中では最安値6500万を提示。

各種展示会にも積極的に参加し金属3Dプリンターの認知に一役買っています。

MUTHOエンジニアリング

mutoh_23東京農工大学との共同研究により、アーク溶接を用いた金属3Dプリンタです。価格が安く3000万円。

造形スピードも速く、熱歪みの対策も施してあります。市販されている半自動溶接機のワイヤーがあればどの材質でも可能になります。

材料の強度もバルク材と同等と言われております。

 

DMG森精機

15-JIMTOF2014-LASERTEC-65-3D_RDirected Energy Deposition方式の金属3Dプリンターです。昨年JiMTOFでは多くの人が訪れていました

従来型の金属粉末積層造形に比べ速度が20倍速く、またツールチェンジにて5軸切削加工も行えます。

扱える金属材料はまだ未知数ですが、金属粉末造形で出来ない材料でも可能になると言われています。

価格が2億とも言われていますのでしばらくは価格と精度がネックになりそう。造形サイズはφ500×350。

Inss tek

insste5韓国のメーカーがリリースした金属3Dプリンターになります。Directed Energy Deposition方式を採用しています。

造形サイズがMX3という機種で1,000 X 800 X 650 と大きく、5軸テーブルを採用しているのが特徴です。

注目すべきは造形材料。SKD11,SKD61,SKD12,SUS304,SUS316,SUS420など日本でも馴染みのある材質での造形が可能とのことです。

マザック

yk_mazak_01

Directed Energy Deposition方式の金属3Dプリンターだが・・

詳細情報がまだわかりません。

 

Return Top