金属3Dプリンターサポート材に関する事

サポート材付着例1

金属でも樹脂でも3Dプリンターで製作するものにはサポート材が付着します。付着についてはこちら→http://j3d.jp/post-4414/

色々なケースがあるので、少しずつですがサポート材の付き方を公開して行きたいと思います。

スクリーンショット 2015-06-18 09.42.58サポート材はオーバーハングしている部分や、角度が45°を割る部分には付着します。場合によっては付けなくてもいい場合もありますが、基本的には全て付いてしまいます。

このサポート材の付着によって造形の可否が決まることも少なくありません。

ついては困る場所、また取ることが出来ない場所についてしまうことがあるからです。

実際に形状で見て行くのがわかりやすいので絵でご説明致します。
サポート材付着1

灰色の部分が造形品(製品)になるのですが、赤い部分は全部サポート材となります。

両端の部分はオーバーハングによる支え、真ん中の部分は宙に浮いてしまっている部分です。

このよう場合どこが大事になるかが重要になります。真ん中の宙に浮いている部分がはめ合いにしなければいけない場合。手動工具でサポートを取るのは非常に危険なので、出来れば付いていない方がよい。となると造形方向を変える必要があります。

サポート付着例2ところが横に造形姿勢を変えても付いてはこまる場所にサポート材が付着します。

しかも横にしたことにより積層回数が増えてしまうので造形時間が最初のものより長くなってしまうので金額まで高くなってしまいます。

もうここまでくればどのような造形姿勢が良いかはお分かりになりますよね??

サポートの除去時間の短縮。大事な部分にサポートも付かず、そして造形時間も変わらない造形姿勢。

この造形姿勢であればお客様のご要望にお応えできます。

サポート付着例33Dプリンターってパズルを組み合わせるような仕事ですよね??

どこにサポートを付けるか・・

サポート材を取りやすくするには??時間がかからないのは??

など多くのことを考えてから3Dプリントをする必要があるのです。

Return Top