ブログ

宮城県での金属3Dプリンター造形

本日は宮城県まで金属3Dプリンター造形の打ち合わせにきております。

金属3Dプリンターには誤解も多く、なんでも出来てしまうように捉えて見えるお客様も大勢おります。本日はそんなお客様に真実の金属3Dプリンターの実力とランニングコストについてお話をする予定となっております。

その上で金属3Dプリンター造形をするべきか・・または設備を導入するべきかどうかを時間をかけてお話させて頂きます。

もう皆様もご存知のように、金属3Dプリンターにもサポート材といわれるものが付着しますが、その金属造形ルールにのっとって設計するという事は中々難しいのが現実かと思います。

そうなると、どのようにサポート材を付けるか・・または外すかが大きなポイントになります。

形状によってはサポート材を外せない場合もあります。そんな細かなお話がまだ浸透しておりませんので私たちが全国に走り回りそんなお話をさせて頂いております。

今回は宮城県ですが日本全国どこへでもお邪魔させて頂きます!

サポート地域は・・

北海道地方 北海道
東北地方 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部地方 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県
近畿地方 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国地方 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県
沖縄地方 沖縄県

となっております。

地図

Return Top