ブログ

3Dプリンター造形師

3Dプリンターは言葉から想像するととっても簡単なイメージになりますよね。

しかし、3Dプリンターには様々なノウハウが必要でただ単にスイッチを押せばいいものではありません。弊社にも3Dプリンターを扱う事ができる造形師が3人います。造形師は3DCADも扱えなければなりません。

なぜなら3Dプリンターの一番の肝になる部分だからです。3Dプリンター自体の扱いはなんら難しい事はありませんが造形姿勢、サポート材の付け方。あるいは取り方。そして熱による残留応力の考え方等、様々な問題をクリアできなければ造形師にはなれないのです。

造形師になるのには特に資格はありませんが、あらゆるパターンの失敗例と成功例を頭にいれておかなければいけません。その上でどのような造形姿勢が適切なのかを考えるのです。

3Dプリンターは買えばすぐに同じように出来る物ではなく、出来るノウハウが必要となるのです。

失敗例、成功例が多いほどノウハウが積み重ねられているという事です。

造形師は一日にしてならず・・・・

これは3Dプリンターに限った話ではなく、全ての業種にいえる事ですよね!!

でも3Dプリンターは思ってるよりもノウハウが必要で簡単なものではないという事を知っていても損はない話です。

IMG_1062

Return Top