金属3Dプリンター基礎知識

金属粉末材料により変わる積層ピッチ

金属3Dプリンターでは金属粉末材料により積層ピッチが変わります。

積層ピッチというのは、一層一層の間隔の事を指します。

メーカーによっても多少変わりますが、マルエージング鋼ですと一層0.04~0.05mmが一般的です。チタン64だと0.03mm、インコネルで0.04mm、SUS316Lだと0.02mmになります。

単純に積層ピッチが細かくなればなるほど造形時間がかかります。

この積層ピッチの違いは熱伝導率。

だからうかつに変更するのは非常に危険です。もし、なんらかのことで積層ピッチを変更する際は同時にレーザーの出力と速度も変更する必要があります。

また金属粉末自体の粒径も変えて行かなければ密度が薄いものが出来てしまいますので、積層ピッチに合わせた粉末を使います。

それらの変更をした上で、密度計測、強度計測、寸法計測をする必要も当然出てきますので積層ピッチの変更は簡単なものではないと言う事になります。

たった1つのパラメーターが命取りになる可能性があるので、パラメーター開発をする際はデフォルトをしっかりメモしてテストを実施して下さい。特に熱収縮率を忘れがちなので注意が必要です。

IMG_0011

 

Return Top