J・3D NEWS

ダイカスト冷却ピンは金属3Dプリンターで作れば早い

冷却ピンダイカストダイカスト金型などで使う冷却ピンで困っている企業様が多いようですが、3Dプリンターではそれを解決する事ができます。

薄肉で一体化、錆びない冷却ピンが作れてしまいます。

今まで不可能だった細い冷却ピンも可能ですし、中の水管も自由に設計できます。

ダイカスト金型ではこういった需要が多いのかと思いますので、是非ご検討頂きたいと思います。

鋳抜ピンでも実績がありますので安心してご利用頂けます。

金属3Dプリンターの可能性はどんどん広がっていきます。

 

Return Top