金属3Dプリンター基礎知識

金属3Dプリンターにおけるサポート材の苦労

樹脂と同様金属3Dプリンターにもサポート材が付きます。しかし、樹脂とは違い簡単に取れないのが金属3Dプリンターでの難点と言えます。

造型自体はそんなに難しい事ではないですが、サポート材の取り外しのやり方や時間はノウハウが必要になってきます。

うっかり削りすぎてしまえば製品に傷が入りますし、強力にむしり取れば製品が割れてしまう場合もあります。

そして熱歪みも加味しなければなりません。歪みそうな製品については頑丈に付けるのですが、頑丈に付ければ取るのも苦労します。

かといって簡単に付けてしまうと歪んでしまいます。ここは本当に難しいところです。

金属3Dプリンターではこのサポート材のノウハウが出来る形状と出来ない形状を分けて行きます。

弊社でも当初はCADにて自動生成をしてましたが、自動生成で付けてしまうとびっしりサポート材がついてしまい取る方に時間を取られてしまいました。

現在はノウハウを積み重ねたオペレーターがどこにどれくらいのサポート材を付けるのかを決めながら手動で生成をしております。

スクリーンショット 2015-05-21 10.57.28

Return Top