ブログ

急激に進む金属3Dプリンター

ここにきて急激に金属3Dプリンターでの製作や、設備購入等が動き始めています。

昨年の金属3Dプリンターから約1年。色々調べて動きが急に加速し始めたものと思われます。

金属3Dプリンターの活用方法が広がってくる事を感じます。

しかし、現段階では欧米のように100台も200台も金属3Dプリンターを並べるような仕事量はなく、かといって1台では仕事になりません。

投資できる体力のある企業だけが成長する分野だな。。。とつくづく思います。

しかもランニングコストも半端ないのでその辺がわかってくると中々進めにくい仕事です。

そしてこの分野は、新設備の開発が世界各国で行われていて素晴らしい設備が来年出るかもしれない分野ですので、一度にたくさん買ってしまえば近い将来ゴミになる可能性もあるのです。

今は造型範囲を大きくするとかスピードを速くするとか新設備の開発が日本でも行われています。

まだ未発達な業種である以上リスクも伴いますね。

j3d_

 

 

Return Top